Help us understand the problem. What is going on with this article?

Visual Studio 2017でOpenGLを動かせるようにする

More than 1 year has passed since last update.

学校の課題でOpenGLの演習が出て自分のPCで課題を実行したかったので、OpenGLvisual studioで動くようにしてみた。

動作環境

  • Windows 10 Home
  • Visual Studio 2017 Community
  • OpenGL ver.4.6.0

前提条件

  • visual studioC++を動かすことができる

GLUTのインストール

OpenGLの本体はwindowsに元々インストールされているようなので、GLUT(OpenGL Utility Toolkit)というライブラリを入れるだけで良さそうなので、このライブラリだけインストールします。

ダウンロードサイトはここから飛べます

zipファイルを解凍したらglut.defglut.hglut32.dllglut32.libREADME-win32.txtのファイルが入っていたのでこれを所定の場所に設置していきます。

ファイル名 移動先ディレクトリ 備考
glut.h C:¥Program File(x86)¥Windows Kits¥10¥Include¥10.X.XXXXX.X¥um¥gl おそらくGL.hやGLU.hが入っていると思うのでこれが目印になります。
glut32.lib C:¥Program File(x86)¥Windows Kits¥10¥Lib¥10.X.XXXXX.X¥um¥x86 おそらくGlU32.Libが入っていると思うのでこれが目印になります。
glut32.dll C:¥Windows¥SysWOW64 おそらくglu32.dllが入ってると思うのでこれが目印になります。

注意:X は適当な数字が入ります。
人によってディレクトリ名に多少の差異があるかもしれないので、その場合は適宜対応してください。
glut.defREADME-win32.txtは特に何もしなくても問題なさそうなので、今回は放置します。

とりあえずこれでインストールは完了です!
お疲れ様でした\\\٩( 'ω' )و ////

ちょっとした雑談

いつもはMacを使っていますが、学校の課題がWindowsしか動かせないことが多いので思い切って環境構築をやってみました!環境構築はうまくいくと結構達成感があったりするものですが、これから課題をしないといけないので少し憂鬱な気分になりますね(´-`).。oO

参考にした記事

  1. OpenGLをはじめよう!!
  2. 実行したあとに消えてしまうのはなぜか教えてください
  3. OpenGL glut使用環境の構築
SonoT
高専卒/情報工学部卒/修士2年(2020年度)
planningdev
九州工業大学 ITサービス開発・運用団体
https://www.planningdev.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした