Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
31
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Somelu01

Twitterは見ていることが多い忙しい人物にSlackを確認してもらう方法を試してみた

More than 3 years have passed since last update.

秘書として働いているが、Slackでの確認事項に返事がこない時は、TwitterにDMをしてください、と言われている。
返事こないな→Twitterを確認→Twitterではツイートとかリプライしてる→TwitterにDMを送る。
スルーされていることを確認してからDMで文章を送るのって手間が多いしストレス。
ということで、職場で推奨されている自動化でストレスフリーを実現することにした。

1 とりあえずIFTTT

レシピからアプレットになってた

前回、特定のアカウントのツイートをSlackチャンネルに自動であげるというのをIFTTTのレシピでできたので、今回もレシピを探してみる。
レシピからアプレットになったの知らなかった。複数アクション出来るんだ!
http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/blog-entry-725.html

Slackがトリガのアプレット探してみる
https://ifttt.com/search/slack

「Twitterで何かあったら→Slackで何かする」:よくある
「Slackで何かあったら→Twitterで何かする」:見当たらない…

Slackのが見落さないという人の方が世の中多いのだろう…。

アプレット見当たらなかった

じゃあ新しいアプレットとやらを作るのに挑戦してみよう!と思ったら、
https://ifttt.com/create

スクリーンショット 2016-12-22 19.21.18.png

Slack選択肢にない…。
スクリーンショット 2016-12-22 19.21.00.png

"Want to build even richer Applets?"

作りたい!!!

スクリーンショット 2016-12-22 19.31.22.png

何か激しいプランが出てきた。既存のレシピ、2、3個使ったことあるだけなんだけど…。Makerになりたいとか言えるのかな…。

スクリーンショット 2016-12-22 19.31.09.png

何はともあれ送るだけ送ってみる。

スクリーンショット 2016-12-22 19.36.20.png

ツール作ってるよ!アップデートするよ!じゃなくて、今作りたいんじゃ…!!レシピでいいんじゃ…!

アプレット探し直し

検索絞りづらいのと、一度一つのアプレット見た後に戻ると最初に戻るのやめてほしい…。
あと、コーヒーとバースデーどんだけ大事なんだ…。

そして見つからなかった。

myThingsにチャレンジ

YahooからIFTTTみたいなのが出てたの思い出す
http://wepli-dot2.hatenablog.com/entry/Yahoo-mythings

iPhoneにアプリ入れた。ヤフーアカウント登録した。レシピ=チャンネルらしい。
最初に地震速報がきたら、通知を出すチャンネルを作る。
それはみんな役に立っていいね。
さあ、 新しいチャンネルを作るぞ!!
IMG_8869.png

トリガにSlackないじゃん!!

スクリーンショット 2016-12-22 20.07.30.png

トップページの使えるチャンネル一覧は、アクションだけなの?!
きいっ!

Zapierにチャレンジ

Zapier見つけた

そもそもslackはトリガに使えないとか??と思って検索したら、Zapierと言うのを見つけた。
レシピ=チャンネル=Zapで良いっぽい。
https://zapier.com/app/explore

なにこれ、アプリの組み合わせで一番検索しやすい!

スクリーンショット 2016-12-22 20.15.54.png

しかも、何の機能がトリガやアクションとして使えるかも最初にわかりやすい!親切!!好き!!!

スクリーンショット 2016-12-22 20.18.26.png

Slackでのメッセージの特定の言葉をトリガにはできないみたいだから…、このスターを付けるのをトリガにしたら良さそう!普段スター使ってないし!

スクリーンショット 2016-12-22 20.21.15.png

既存のZapはなかったから作ってみるぞ。

Zap作ってみる

1 トリガとなるアプリを選ぶ
スクリーンショット 2016-12-22 20.27.33.png

2 トリガにする行動を選ぶ
スクリーンショット 2016-12-22 20.28.30.png

3 Slackのアカウントを登録
スクリーンショット 2016-12-22 20.29.51.png

4 設定したのをテスト
テストがある。親切。
スクリーンショット 2016-12-22 20.32.13.png

何が成功したのだかよくわからない。とりあえず次行こう。
スクリーンショット 2016-12-22 20.34.06.png

5 トリガの行動が取れるかテスト
今ある最近スターしたメッセージを取得できるかテストしてくれるらしい。
「Zapierテスト」ってSlackにメッセージ送ってスターつけてみる。
スクリーンショット 2016-12-22 20.35.23.png

成功した!
スクリーンショット 2016-12-22 20.37.57.png

6 アクションになるアプリと、行動を選ぶ。
せっかくだから、画像付きツイートにしよう!かわいい画像が、Slackに質問が来ていると報告するようにしよう!

スクリーンショット 2016-12-22 20.45.59.png

7 ツイッターアカウントを登録
秘書の秘書アカウント作った。いらすとやさんありがとう。
スクリーンショット 2016-12-22 21.04.43.png

8 テンプレのツイートを作成する
画像をドロップして、失敗した。画像のアドレスを貼り付けたらいいのね。
スクリーンショット 2016-12-22 21.07.23.png

9 テンプレのツイートテスト
ツイートできてる!!!
スクリーンショット 2016-12-22 21.10.08.png

テンプレに、@アカウント入れないとダメだ。自分のアカウントを入れてテストしよう。

10 テンプレ訂正
左のメニューで好きなところにすぐ戻れるの素晴らしく使いやすい。
スクリーンショット 2016-12-22 21.13.31.png

11 訂正版テスト
できた!!!
IMG_8870.png

12 名前をつけて完成
わかりやすく名前をつけて、オンにした!
スクリーンショット 2016-12-22 21.21.27.png

ダッシュボードに追加もされた!
スクリーンショット 2016-12-22 21.23.48.png

完成

Slackのメッセージにスターを付けると
スクリーンショット 2016-12-22 21.22.48.png

あれ、ツイートされてなかった。
dashboardのメニューのRunをしたらツイートされた。うーん。
スクリーンショット 2016-12-22 21.27.20.png

あ、わかった!5分に1回スターをチェックしてくれるから、まだチェックしてくれてなかったのか。
スクリーンショット 2016-12-22 21.29.54.png

再度Slackにメッセージを出して、スターをつけてテスト!

きたーーーーー!動いてる!
IMG_8871.png

途中から楽しくなってきて、やりきってしまった。
qiitaアップしてから運用して良いかどうか確認するぞ。

その返事をSlackで待ってる…。

31
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Somelu01

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
31
Help us understand the problem. What is going on with this article?