Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS sesをSMTPサーバとして使用する手順メモ

More than 1 year has passed since last update.

AWS sesをSMTPサーバとして使用する手順メモ

1. AWSコンソールからses管理画面へ移動

2. 画面左のメニューから"SMTP Settings"をクリックしページ移動

この画面にアクセスサーバ情報が書いてあります。

Server Name: email-smtp.us-west-2.amazonaws.com |
Port: 25, 465 or 587

Portについて

25: SMTP
465: SMTPS
587: SMTP

参考

https://ja.wikipedia.org/wiki/TCP%E3%82%84UDP%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E7%95%AA%E5%8F%B7%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

3. "Create My SMTP Credentials"ボタンクリック

4.IAM作成フォームが表示されるので、任意の値を入力します。

ここで作成したユーザーでsesをコールする事になります。

5."ユーザーが正常に作成されました。"と表示されるので画面右下のボタンから認証情報のファイルをダウンロード

credentials.csv
IAM User Name,Smtp Username,Smtp Password
"SES_IAM_USER",SMTP_USER_NAME,Smtp Password

2で確認したServer NamePort
ファイルに記述されているSmtp Username,Smtp Passwordでアクセスすると
AWS sesサービスをファイルに記述されているIAM User Nameで利用する事ができます

SoarTec-lab
freelance software developer/rails contributor https://contributors.rubyonrails.org/contributors/soartec-lab/commits
classi
学校の先生・生徒・保護者向けのB2B2Cの学習支援Webサービス「Classi(クラッシー)」 を開発・運営している会社です。
https://classi.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away