Windows8.1
Windows10

UWPアプリをアンインストールする方法

Windows8から導入されたUWPアプリ(Universal Windows Platform)は通常のアプリと異なりユーザーに対してインストールされる。インストール場所はユーザープロファイルフォルダ\AppData\Local内となる。
ここで紹介する方法ではGUIからアンインストールできないアプリもアンインストール可能。(一部できないものもある)

アプリのパッケージ名を取得する

ユーザーIDを省略すると、シェルを実行したユーザーを対象となる。

PowerShell
Get-AppxPackage -User <USER_ID> | Format-List -Property PackageFullName

【例】
Get-AppxPackage -User hoge | Format-List -Property PackageFullName

PackageFullName : Microsoft.Windows.CloudExperienceHost_10.0.15063.0_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy

PackageFullName : Microsoft.AAD.BrokerPlugin_1000.15063.0.0_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy

...

アプリをアンインストールする

ユーザーIDを省略すると、シェルを実行したユーザーを対象となる。

PowerShell
Remove-AppxPackage -User <USER_ID> -Package <PACKAGE_FULL_NAME>

【例】
Remove-AppxPackage -User hoge -Package Microsoft.AAD.BrokerPlugin_1000.14393.0.0_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy

番外編: すべてのアプリをアンインストールする

PowerShell
Get-AppxPackage | Remove-AppxPackage

参考

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn448380.aspx
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn448374.aspx