Help us understand the problem. What is going on with this article?

最近触ったgit branchだけを表示するlbranchというgitのサブコマンドを作りました

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

"最近作ったあのbranchなんて名前だったかなー"みたいなことありませんか? 私は割とあります :innocent:

というわけで, そういうときに便利な,最近触ったbranchだけを一覧で表示してくれる git-lbranch というgitのサブコマンドを作りました.

使い方

案内に沿ってインストールしたら

git lbranch

するだけで,以下のように直近(デフォルトは5日以内)にコミットがあったブランチの一覧を表示します.

$ git lbranch
  master
  test-branch-first
  test-branch-second

オプション

--days value, -d value

lbranchに遡ってほしい日付を選択してください. デフォルトでは5日以内にコミットがあったブランチの一覧を表示します.

ex: git lbranch --days 10

--through -t

branchに関する詳細な説明を表示します. 具体的にはbranch名に加えて, 最新のコミットのハッシュ値とコミットの日付を表示します.

ex: git lbranch --through

インストール方法

MacOSユーザーであれば以下のようにHomebrewからインストールできます.

$ brew tap shuheiktgw/git-lbranch
$ brew install git-lbranch

また,Golangをお使いでしたら,以下のように go get 経由でもインストールできます.

$ go get -u github.com/shuheiktgw/git-lbranch

それ以外の場合はリリースページ から最新のバイナリーをダウンロードし,パスを通してください :pray:

その他

git-lbranch はGolangを使って書きましたが, gitは実行可能ファイルに git- というプリフィックスがついていると,勝手にgitのサブコマンドとして認識してくれるんですね. 便利.

freee
スモールビジネスのバックオフィス業務をテクノロジーで自動化し、日本のスモールビジネスを元気にする
http://www.freee.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away