Firebase Analyticsイベントのデバッグ

More than 1 year has passed since last update.


FirebaseAnalyticsのイベントをデバッグする

FirebaseAnalyticsのイベントは約1時間毎にバッチ処理にてサーバーに送信されます。

これは、端末のバッテリーやデータ使用量を抑えるための仕組みですが、リアルタイムでイベントが送信されないとデバッグできません。

このため、以下のコマンドをターミナルから実行します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app アプリのパッケージ名

これにより、ほぼリアルタイムでイベントをサーバーに送信することができます。

以下のようにFirebaseConsoleのDebugViewにてイベントを確認することができるようになります。

スクリーンショット 2018-05-31 0.25.14.png


LogEventのサンプルCode

private val mOnNavigationItemSelectedListener = BottomNavigationView.OnNavigationItemSelectedListener { item ->

when (item.itemId) {
R.id.navigation_home -> {
message.setText(R.string.title_home)
trackingEvent(getString(R.string.title_home))
return@OnNavigationItemSelectedListener true
}
R.id.navigation_dashboard -> {
message.setText(R.string.title_dashboard)
trackingEvent(getString(R.string.title_dashboard))
return@OnNavigationItemSelectedListener true
}
R.id.navigation_notifications -> {
message.setText(R.string.title_notifications)
trackingEvent(getString(R.string.title_notifications))
return@OnNavigationItemSelectedListener true
}
}
false
}

private fun trackingEvent(name: String) {
firebaseAnalytics?.logEvent(name, null)
}


 参考

https://firebase.google.com/docs/analytics/debugview?authuser=2