Posted at

AWS Amazon S3にTransmit4から接続したいのにUserを作成しただけでは接続できない場合の対処法

More than 3 years have passed since last update.

AWS Amazon S3にTransmit4から接続しようとして、ググって出てくる方法では接続できなかったので、メモ。

AWSのアカウント作成Transmitについては、ここでの本題ではないので割愛します。


Amazon S3 Bucketを作成


※既存のBucketを割り当てる場合は、ここはスルーしてください。

AWS Management Consoleから「S3」を選択します。

Amazon S3 Bucketを作成

左上の「Create Bucket」を選択するとBucket NameとRegionの設定ウインドウが開くので、任意のBucket NameとRegionを設定し、「Create」を選択するとBucketの作成が完了します。

Amazon S3 Bucketを作成


Transmit用のUserを作成


※既にUserも作成している場合は、ここもスルーしてください。

右上のプルダウンから「Security Credentials」を選択します。

Transmit用のUserを作成

ウインドウが開くので「Get Started with IAM Users」を選択します。

Transmit用のUserを作成

「Create New Users」を選択し、ユーザー名入力画面で任意のユーザー名を入力。「Create」を選択し、Userを作成します。

Transmit用のUserを作成

次画面でAccess Key IDSecret Access Keyが発行されるので保存します。(Download CredentialsでCSV形式のダウンロードもできます)

Transmit用のUserを作成


Groupを作成し、Permissionsを設定する(ここが重要)

先の画面で「Close」を選択すると管理画面に戻るので、「Groups」→「Create New Group」を選択します。

Groupを作成する

Group Nameを設定し、「Next Step」を選択します。

Groupを作成する

Policy Nameを変更したければ変更し、「Next Step」を選択します。

Groupを作成する

Set PermissionsでAdministrator AccessかPower User Accessを選択。

※「個人での利用かつ、Transmit4で読み書きを可能にする」前提での説明なので、ここでは各自の環境毎に設定してください。

Groupを作成する

確認画面(Review)で問題なければ「Create Group」を選択し、Groupの作成が完了です。


UserにGroupを紐付ける(ここも重要)

管理画面に戻り、「Users」を選択。作成したUser Nameをチェックし、「User Actions」→「Add User to Groups」を選択します。

UserにGroupを紐付ける

作成したGroupをチェックし、「Add Users」を選択。これでAWS側の準備は完了です。

UserにGroupを紐付ける


TransmitでAWS Amazon S3に接続する

「S3」タブを選択。サーバはそのまま、アクセスキーIDにAccess Key ID、シークレットにSecret Access Keyを入力すれば、接続できます。

TransmitでAWS Amazon S3に接続する