Bash
Ubuntu
Windows10
EV3RT
BashOnUbuntuOnWindows

[Bash on Windows] ev3rt開発環境をWindowsで作る1

はじめに

今回はWindowsでBashを使えるようにします。

[2018/01/17 追記]
Windows10 HomeでDockerを使って簡単にTOPPERS/EV3RTのビルド環境を構築するを公開しました。本稿の方法よりも簡単にビルド環境を構築できます。

対象

OS: Windows10 バージョン1703以上
※1703からUbuntuのバージョンが16.04になる為。それより前のバージョンではmake時にエラー(mno-pic-data-is-relative)が出ます。

[参考] Windows10 Creaters Updateへの更新

Bash on Ubuntu on Windowsについて

Windows上で動くUbuntuの上で動くBashのことです。
今回行うEV3のプログラミングはWindowsのままではできないのでBash on Ubuntu on Windowsを導入します。
Bash on Ubuntu on Windowsの例

参考
Bash on Ubuntu on Windowsとは? そのインストールと使い方

環境構築

0. Windowsのバージョン確認

  1. 「スタート」を右クリック
  2. 「システム」をクリック
  3. 「Windowsの仕様」の、「バージョン」の右の数字を確認する。

設定→バージョン情報

1. Bashの有効化

  1. 「スタート」で右クリック
  2. 「アプリと機能」をクリック
  3. 「関連設定」の「プログラムと機能」をクリック
  4. 「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック
  5. 「Windows Subsystem for Linux (Beta)」にチェックして「OK」をクリック(インストールが始まる) Windowsの機能
  6. インストール後に再起動する

2. 開発者機能の有効化

  1. 「スタート」をクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「更新とセキュリティ」をクリック
  4. 「開発者向け」をクリック
  5. 「開発者モード」にチェックを入れる

3. Bashのインストール

  1. 「Windows PowerShell(管理者)」を開く
  2. bashと入力してENTER
  3. YesかNoか尋ねられるので、「y」と入力し、ENTER
  4. しばらくまつ ロケール
  5. 上の画像の状態になったら「y」と入力し、ENTER
  6. 画面の指示に従い、ユーザ名・パスワードを設定する(Windowsのものと同じにする必要はない)
  7. 「Windows PowerShell(管理者)」を閉じる

Bashの開き方
1. 「スタート」をクリック
2. 「ubuntu」と入力
3. 「Bash on Ubuntu on Windows」をクリック

4. リポジトリの変更

【新】Bash on Ubuntu on WindowsでWindows上にLinux環境を導入する

標準設定ではパッケージ取得の時にいちいち海外サーバーにアクセスしてしまうため非常に効率が悪く、時間がかかってしまいます。なので、リポジトリの取得先を日本サーバーに変更します。先程と同様に次のコマンドを入力します。

sudo sed -i -e 's%http://.*.ubuntu.com%http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux%g' /etc/apt/sources.list

上記のスクリプトをBashに入力する。

5. パッケージを最新版にする

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade -y

6. ログイン時のディレクトリを変更

hogehogeに当たる部分をWindowsのユーザ名に書き換えてください
もし、Windowsのユーザ名が日本語の場合、不具合が起きる可能性があるので、半角英数字のユーザ名にしましょう

ユーザ名がhogehogeの場合
sudo echo "cd /mnt/c/Users/hogehoge" >> ~/.bashrc

続く

環境構築編2ではTOPPERS/EV3RTの環境構築をします。