Edited at

Windowsのコマンドプロンプトでzipコマンドを使用可能にする方法


コマンドラインからはzipコマンドが実行できない

Windowsはzipファイルを右クリックで作成できるのに

コマンドラインからはzipを実行する事ができない。

zipをコマンドラインから実行できるようにするには下記の手順でOK


zipコマンドを実行できるようにする手順


zip.exeのダウンロード

下記のサイトからBinariesのzipファイルをダウンロードして任意のフォルダに解凍

http://gnuwin32.sourceforge.net/packages/zip.htm



解凍したフォルダ

「zip-3.0-bin¥bin」にzip.exeが格納されている


bzip2.dllのダウンロード

下記のサイトからBinariesのzipファイルをダウンロードして任意のフォルダに解凍

http://gnuwin32.sourceforge.net/packages/bzip2.htm



解凍したフォルダ

「bzip2-1.0.5-bin¥bin」にbzip2.dllが格納されている


環境変数のpathのフォルダにzip.exeとbzip2.dllを格納する

環境変数のpathのフォルダの確認方法

エクスプローラを開いて「PC」を右クリック→「プロパティ」→「システムの詳細設定」でシステムのプロパティが開かれる



「詳細設定」タブの「環境変数」をクリック



環境変数の一覧が表示されるので上部にある変数から「path」を選択→「編集」をクリックするとpathに設定されたフォルダが確認できる



ここに記述されたフォルダ内にzip.exeとbzip2.dllを配置すれば

コマンドプロンプトでzipコマンドが実行できる。


確認方法

コマンドプロンプトを起動させ

zip --version

と入力すると

下記のようにコマンドの詳細が表示される


使い方

zip [オプション] [zip後のファイル名(パス)] [zip化したいファイルorフォルダ(パス)]


オプション

コマンド
説明

-f
変更されたファイルを最新に

-u
更新されたファイルや新しいファイルのみを追加

-d
不要なものを削除

-m
指定した圧縮ファイルを移動、削除 

-r
ファイルとディレクトリを再帰的に処理 

-j
ファイルパスを記録せず、ディレクトリを除く

-0
指定したものを保存

-l
改行コードをLFからCR+LFに変更(-llでCR+LFからLFに変更) 

-1
高速圧縮 

-9
高圧縮 

-q
クイック圧縮 

-v
内容を逐一表示

-c
一行コメントを入力 

-z
複数行コメントを入力 

-@
ファイル名を標準入力から読込 

-o
圧縮ファイルの変更時刻を最新のものと同じに 

-x
特定のファイルを除く

-i
特定のファイルだけを格納 

-F
破損している圧縮ファイルの修正を試みる。(-FFでより試みる) 

-D
ディレクトリは格納しない。 

-A
自己解凍形式で圧縮する。 

-J
圧縮ファイルから格納データ以外の情報を除く。 

-T
ファイルの整合性をテストをする。 

-X
ファイルの属性を保管しない。 

-y
参照ファイルの代わりにシンボリックリンクを格納する。 

-R
カレント・ディレクトリにあるファイルとディレクトリを再帰的に処理する。 

-e
暗号化して格納する。 

-n
指定した拡張子のファイルを圧縮しない

-a
ファイルをアスキーモードに変換する 

-A
実行可能なアーカイブを抽出して適合させる。 

-B
ファイルを2進法で読み出す。(初期設定はテキスト) 

-Bn
nで定義される状態でEdit/Enscribeの形式を設定

-d
圧縮ファイル内から指定したものを削除

-df
アーカイブに圧縮されたファイルのデータフォークを格納

-E
ファイル名としてLONGNAME Extended Attribute (ある場合)を使う 

-g
新しいアーカイブを作らずに指定した既存のところへ追加

-h
ヘルプ情報を表示

-I
イメージファイルをスキャンしない

-j
パスを除いてファイル名のみを格納、ディレクトリ名は保存しない 

-jj
Fullpath(+ Volname)を記録

-J
アーカイブからSFXスタブなど以前のデータを取り除く 

-k
ファイル名とパス名をMS-DOS(8.3)フォーマットに変更し、MS-DOSで有効なファイル属性のみを格納

-L
zipのライセンスを表示 

-N
圧縮ファイルのコメントとして、AmigaまたはMacOSのfilenoteを保存

-Qn
nで定義されるファイルヘッダーにあるファイルに関する情報を保存 

-S
システムを追加して、ファイルを隠す

-V
VMS属性ファイルを格納

-w
ファイルのバージョン番号をファイルの複数のバージョンを含む名前に追加

-#
#の部分に数値を指定して、圧縮速度を指定、1で処理速度が最大になるが圧縮率が犠牲、9はその逆、デフォルトは6

-!
WinNTセキュリティを取り入れるために特権モードを使用

-$
圧縮ファイルを保持しているドライブにボリュームラベルを含める