Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Intel GPU搭載Macbook ProでDK2をミラーリングする方法(Oct.8.2014)

More than 5 years have passed since last update.

はじめに

DK1でOculusRiftの開発をする場合、UnityプロジェクトだとそのままOculusのSDK用unityパッケージをインストールし、D&D数回でOculusRift対応コンテンツが出来、モニターにもミラーリングされ非常に簡単な作業でFesなどの出品できたのですが、DK2にアップグレードした場合、デバイスの仕様上どうしてもいろいろと工夫が必要になってきました。

この記事は2014.10.8現在の情報で、以後、SDKやハードのアップデートにより内容が変わる可能性がございます。

とりあえずMacでやる

わたしはMac信者なので開発環境もMacだったりします。ただし、DirectX関係なのか詳しく調べていないですが、遅いです。世間的な印象だとMacってお遊びマシーンみたいな印象がありますが、実はゲームすら入っていない、バリバリのお仕事マシンだったりします。Windowsの方がゲーム向きです。
今回は、Macで出来たのでそのやり方に限定します。

事前準備

OSXは10.9.5
UnityProは4.5.2f1
ovr_unityは0.4.2
の環境でMac用の実行ファイルを作成しました。

DK2をつなげたMacのシステム環境設定 -> ディスプレイ -> 配置 ディスプレイをミラリングにチェックを入れる

スクリーンショット 2014-10-08 13.32.18.png

このとき選択するディスプレイはRift DK2にする。

実行したいファイルを実行する。Unityのアプリ起動メニューが出るようにしておく。

スクリーンショット 2014-10-08 12.55.42.png

DK2の解像度なのかなー。1920x1080でフルスクリーン実行するとミラーリングがでけた。

スクリーンショット 2014-10-08 12.56.04.png

念願のDK2でミラーリングが出来るが、拡張モードのミラーリングの為、34fps位で描画遅延でまくり、首を振りすぎると気持ち悪くなります。

IMG_0667.JPG

SatoruNoda
I was bone in mother Earth/Tokyo.
https://twitter.com/satoru_noda
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away