search
LoginSignup
20

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Ubuntu 18.04 LTSに複数のJDKをインストールする方法

Ubuntu 18.04 LTSに複数のJDK (Java Development Kit) をインストールする方法についてまとめます。

インストール

  1. sudo add-apt-repository ppa:linuxuprising/javaコマンドを実行し、リポジトリを追加します。
  2. sudo apt updateコマンドを実行し、パッケージ一覧を更新します。
  3. sudo apt install default-jreコマンドを実行し、デフォルトのJREをインストールします。
    ※デフォルトとして設定したJDKのバージョンに対応していないソフトウェアがあった場合、このJREを使うようにすると解消するかもしれません。
  4. 以下をインストールしたいJDK全てに対して行います。
    1. sudo apt install oracle-java*-installerコマンドを実行し、JDKをインストールします。
      *にはJDKのバージョン (Java8なら8) を入れます。

設定

※デフォルトとして設定するJDKのバージョンは揃える必要があるので注意してください。

  1. sudo apt install oracle-java*-set-defaultコマンドを実行し、JDKの環境設定を行います。
    *にはデフォルトとして設定するJDKのバージョン (Java8なら8) を入れます。
  2. sudo update-alternatives --config javaコマンドを実行し、デフォルトのjavaコマンドを選択します。
  3. sudo update-alternatives --config javacコマンドを実行し、デフォルトのjavacコマンドを選択します。
  4. sudo update-alternatives --config javawsコマンドを実行し、デフォルトのjavawsコマンドを選択します。
  5. nano ~/.bashrcコマンドを実行し、以下を追記します。

    .bashrc
    JAVA_HOME=$(readlink -f /usr/bin/javac | sed "s:/bin/javac::")
    export JAVA_HOME
    PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export PATH
    
  6. source ~/.bashrcコマンドを実行します。

  7. java -versionコマンドを実行し、デフォルトとして設定するJDKのバージョンが表示されれば成功です。

参考文献

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
20