Java
Ubuntu
JDK

Ubuntu 18.04 LTSに複数のJDKをインストールする方法

Ubuntu 18.04 LTSに複数のJDK (Java Development Kit) をインストールする方法についてまとめます。

インストール

  1. sudo add-apt-repository ppa:linuxuprising/javaコマンドを実行し、リポジトリを追加します。
  2. sudo apt updateコマンドを実行し、パッケージ一覧を更新します。
  3. sudo apt install default-jreコマンドを実行し、デフォルトのJREをインストールします。
    ※デフォルトとして設定したJDKのバージョンに対応していないソフトウェアがあった場合、このJREを使うようにすると解消するかもしれません。
  4. 以下をインストールしたいJDK全てに対して行います。
    1. sudo apt install oracle-java*-installerコマンドを実行し、JDKをインストールします。
      *にはJDKのバージョン (Java8なら8) を入れます。

設定

※デフォルトとして設定するJDKのバージョンは揃える必要があるので注意してください。

  1. sudo apt install oracle-java*-set-defaultコマンドを実行し、JDKの環境設定を行います。
    *にはデフォルトとして設定するJDKのバージョン (Java8なら8) を入れます。
  2. sudo update-alternatives --config javaコマンドを実行し、デフォルトのjavaコマンドを選択します。
  3. sudo update-alternatives --config javacコマンドを実行し、デフォルトのjavacコマンドを選択します。
  4. sudo update-alternatives --config javawsコマンドを実行し、デフォルトのjavawsコマンドを選択します。
  5. nano ~/.bashrcコマンドを実行し、以下を追記します。

    .bashrc
    JAVA_HOME=$(readlink -f /usr/bin/javac | sed "s:/bin/javac::")
    export JAVA_HOME
    PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export PATH
    
  6. source ~/.bashrcコマンドを実行します。

  7. java -versionコマンドを実行し、デフォルトとして設定するJDKのバージョンが表示されれば成功です。

参考文献