Help us understand the problem. What is going on with this article?

Flaskで記述されたサーバースクリプトをUbuntu上のnginxやApache2で動かす方法

More than 1 year has passed since last update.

Flaskで記述されたサーバースクリプトをUbuntu上のnginxやApache2で動かす方法についてまとめます。

前提

  • サーバースクリプトは既に作成済みであるとします。
  • 以下のソフトウェアはインストール済みであるとします。
    • Python
    • pip
    • サーバースクリプト内で使用しているライブラリ
    • nginx (nginxを使う場合)
    • Apache2 (Apache2を使う場合)

必要なパッケージのインストール

  1. pip install uwsgiコマンドを実行し、uWSGIをインストールします。

Apache2を使う場合

  1. sudo apt install libapache2-mod-proxy-uwsgiコマンドを実行し、mod_proxy_uwsgiをインストールします。

設定

  1. 以下のようにサーバースクリプトのプロジェクト内にuwsgi.iniを作成します。
    TODO部の指示通りに書き換えを行ってください。

    uwsgi.ini
    [uwsgi]
    ; TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
    ; module = {サーバースクリプトのファイル名 (拡張子なし)}:{サーバースクリプト内のFlaskオブジェクトの変数名}
    ; socket = /tmp/{ソケット名 (任意)}.sock
    master = true
    processes = 1
    chmod-socket = 666
    vacuum = true
    die-on-term = true
    manage-script-name = true
    
    
  2. 以下のように/etc/systemd/system/{サーバースクリプトのサービス名 (任意)}.serviceを作成します。
    TODO部の指示通りに書き換えを行ってください。

    /etc/systemd/system/{サーバースクリプトのサービス名}.service
    [Unit]
    # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
    # Description={概要}
    After=network.target
    
    [Service]
    # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
    # User={実行時のユーザー}
    # Group={実行時のグループ}
    # WorkingDirectory={サーバースクリプトが配置されているディレクトリのパス}
    # ExecStart=uwsgi --ini {uwsgi.iniのパス (サーバースクリプトが配置されているディレクトリからの相対パス)}
    
    [Install]
    WantedBy=multi-user.target
    
    

nginxを使う場合

  1. 以下のように/etc/nginx/sites-available/{ドメイン名}を作成します。
    TODO部の指示通りに書き換えを行ってください。

    server {
        # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
        # server_name {ドメイン名};
        listen 80;
    
        # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
        # location ~ ^/{サブドメイン名}(/.*)?$ {
            include uwsgi_params;
            # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
            # uwsgi_pass unix:/tmp/{ソケット名}.sock;
            uwsgi_param PATH_INFO $1;
        }
    }
    
    
  2. sudo ln -s /etc/nginx/sites-available/{ドメイン名} /etc/nginx/sites-enabled/{ドメイン名}コマンドを実行し、設定を有効化します。

Apache2を使う場合

  1. sudo a2enmod rewriteコマンドを実行し、mod_rewriteを有効化します。
  2. 以下のように/etc/apache2/sites-available/{ドメイン名}.confを作成します。
    TODO部の指示通りに書き換えを行ってください。

    /etc/apache2/sites-available/{ドメイン名}.conf
    # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
    # <VirtualHost {ドメイン名}:80>
        # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
        # <Location /{サブドメイン名}>
            RewriteEngine on
            # TODO: 以下を記述し、コメントアウトを解除
            # ProxyPass unix:/tmp/{ソケット名}.sock|uwsgi://{URL (任意)}
            # RewriteRule ^/{サブドメイン名}(/.*)?$ $1
        </Location>
    
        ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
        CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
    </VirtualHost>
    
    
  3. sudo a2ensite {ドメイン名}コマンドを実行し、設定を有効化します。

起動

  1. sudo systemctl start {サーバースクリプトのサービス名}コマンドを実行し、サーバースクリプトを起動します。

nginxを使う場合

  1. sudo systemctl start nginxコマンドを実行し、nginxを起動します。

Apache2を使う場合

  1. sudo systemctl start apache2コマンドを実行し、Apache2を起動します。

参考文献

SUZUKI_Masaya
データエンジニア, データアナリスト, エンジニア
mixi
全ての人に心地よいつながりを
http://mixi.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした