51
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

rmコマンドでゴミ箱へ移動するようにする

rmコマンドを使うと、ゴミ箱を経由せずに直接削除されますが、間違えて削除してしまうと大変なことになります。
そこで、trash-cliというコマンドを導入し、rmコマンドを使用した際にファイルをゴミ箱へ移動するようにしてみたいと思います。

インストール

  1. sudo apt install gitコマンドを実行し、gitをインストールします。
  2. git clone https://github.com/andreafrancia/trash-cliコマンドを実行し、trash-cliをダウンロードします。
  3. cd trash-cliコマンドを実行し、ダウンロードしたディレクトリに移動します。
  4. sudo python setup.py installコマンドを実行し、trash-cliをインストールします。

rmコマンド置換

  1. ~/.bashrcの末尾に以下を追記します。

    if type trash-put &> /dev/null
    then
        alias rm=trash-put
    fi
    
  2. source ~/.bashrcコマンドを実行し、.bashrcへの変更を反映します。

trash-cliの使い方

ゴミ箱にあるファイルの一覧表示

$ trash-list

ゴミ箱にあるファイルを元に戻す

$ trash-restore

ゴミ箱を空にする

$ trash-empty

ゴミ箱の中のファイルを完全に削除する

$ trash-rm {ファイル名}

参考文献

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
51
Help us understand the problem. What are the problem?