Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
178
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@SUZUKI_Masaya

BiBTeXとは

More than 1 year has passed since last update.

BiBTeXについて自分なりにまとめてみたいと思います。

BiBTeXとは

$\LaTeX$における参考文献のデータベースです。
以下の手順を行うだけで、参考文献欄にそれらしい形式で参考文献が出力されるため、参考文献周りの記述がかなり楽になります。

  1. データベースに参考文献を追加する。
  2. 本文中で引用する。
  3. コンパイルする。

この際、引用されなかった参考文献は参考文献欄に出力されないため、とりあえずデータベースに参考文献を入れておく、といった使い方も出来ます。

使い方

前準備

  1. 空のデータベースファイルhoge.bibを作成します。
    ※空のテキストファイルをhoge.bibで保存すれば大丈夫です。
    hogeの部分は自由に変えて大丈夫ですが、ここではhogeにしたとします。
  2. 本文中の参考文献を出力したい位置に以下の記述を追加します。
本文
\bibliography{hoge} %hoge.bibから拡張子を外した名前
\bibliographystyle{junsrt} %参考文献出力スタイル

なお、参考文献出力スタイルには主に以下のスタイルがあります。

欧文用 和文用 特徴
plain jplain 参考文献をアルファベット順で出力する
unsrt junsrt 参考文献を引用された順で出力する

これ以外のスタイルについては文系のマカーにも「使える」LaTeXをご覧ください。
※学術論文の場合には、参考文献出力スタイルが予め指定されている場合が多いため、投稿する学会の決まりに従って指定すると良いでしょう。

参考文献の追加

hoge.bibに参考文献を追加します。

学術論文を追加する場合

学術論文の情報をそれらしい形で出力する方法 - Qiitaをご覧ください。

Webページを参考文献として追加する場合

BibTeX entry from URLを利用すると、BiBTeXの項目を自動的に生成できます。

手で追加する場合

BibTeX - Wikipediaを参考に記述してください。

アドバイス

  • 著者が複数いる場合にはandで繋げます。
  • van Valinのように姓にスペースが入る場合には『姓, 名』で記述します (ex. Robert van Valin -> van Valin, Robert)。
    Robert van Valinと記述した場合、vanがミドルネーム、Valinが姓として扱われてしまいます。
  • Robert York IIIのような場合、York, III, Robertの順番で記述します。
  • 姓は先頭のみ大文字にして記述すると良いです (ex. Suzuki)。
  • デフォルトではBiBTeX内の大文字は全て小文字として出力されてしまうため、文字列を{}で囲って記述すると良いでしょう。
@inproceedings{
  KyTea,
  title={Pointwise prediction for robust, adaptable Japanese morphological analysis},
  author={Neubig, Graham and Nakata, Yosuke and Mori, Shinsuke},
  booktitle={Proceedings of the 49th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies: short papers-Volume 2},
  pages={529--533},
  year={2011},
  organization={Association for Computational Linguistics}
}

引用

例えば、以下の論文を引用したいとします。

hoge.bib
@inproceedings{
  KyTea, %文献参照名
  title={Pointwise prediction for robust, adaptable Japanese morphological analysis},
  author={Neubig, Graham and Nakata, Yosuke and Mori, Shinsuke},
  booktitle={Proceedings of the 49th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies: short papers-Volume 2},
  pages={529--533},
  year={2011},
  organization={Association for Computational Linguistics}
}

このとき、本文中の引用したい位置で以下のように記述します。

本文
%\cite{文献参照名}で引用
Neubigら\cite{KyTea}は...

コンパイル

  1. $\TeX$ファイルを1回コンパイルします。
  2. 以下のコマンドを実行し、データベース中の参考文献を反映させます。
    • 欧文の場合
      bibtex {TeXファイル名}
    • 和文の場合
      pbibtex {TeXファイル名}
  3. $\TeX$ファイルを3回コンパイルします。

参考文献

178
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
SUZUKI_Masaya
データエンジニア, エンジニア
mixi
全ての人に心地よいつながりを

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
178
Help us understand the problem. What is going on with this article?