Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS Lightsailでインスタンスを作成する

最初の投稿はAWSの簡単な始め方。
Lightsailで簡単にインスタンスを立てます。

アカウント作成

 簡単に出てくるので、調べてみてください。

インスタンス作成

(1) コンソールにログインして、「Create instance」ボタンをクリック
 WS000000.JPG
(2) リージョンとアベイラビリティゾーン(以下AZ)を選択する。
①「Change AWS Region and Availability Zone」をクリック
WS000001.JPG
②「Tokyo」をクリックして選択して、必要に応じて「Change your Availability Zone」を選ぶ。
WS000002.JPG
③ 今回は、「Zone D」を選んでみました。
WS000004.JPG

【注釈】
 便宜上、「リージョン」というのは地域名、「AZ」というのはデータセンターだと思ってください。
 複数のインスタンス(サーバ)をたてて冗長構成を考える場合に、ここをわけて構築します。

(3) OSの選択
 ここでは「Linux/Unix」を選択しています。
WS000005.JPG
(4) OSやアプリケーションを選択
 今回はインスタンスの作成が目的なので「OS Only」を選んで「Ubuntu」を選択しています。
WS000006.JPG
【注釈】
 OSやサービスは目的に応じての選択でよいのですが、個人的にはUbuntuのLTSを選択することが多いです。
 Amazon Linuxはサポート期間が短いし、Amazon Linux2も5年サポートです。
 UbuntuのLTSだと10年サポートになりますので、あくまで個人的には、こっちの方がいろいろ考える必要がないので、そればかり選びます。

(5) キーペアの作成
今回はDefaultを使うので使いませんが、インスタンスによってキーペアを変えることもできます。
WS000008.JPG

(6) キーペアはダウンロードしておきましょう。
WS000009.JPG

(7) プランの選択
 今回は一番安いプランを使います。
WS000010.JPG

(9) インスタンスの名前やタグ
 デフォルトでも大丈夫です。数が多くなったら、つけるようにしましょう。
WS000011.JPG

(10) インスタンス作成
 「Create instance」をクリックすると、作成が開始されます。
WS000012.JPG

(11) 作成完了
状態が「Running」になったら、作成は完了です。
WS000015.JPG

ネットワーク設定

 今の状態ではグローバルIPアドレスがなく、セキュリティも最小限しか解放されていない為、いろいろと困ります。
 まずはグローバルIPを設定しましょう。

(1) 作成開始
 「Networking」タブで「Create static IP」をクリックします。
WS000016.JPG

(2) インスタンス選択
 「Attach to an instance」で先ほど作成したインスタンスを選択します。
WS000018.JPG

(3) 名前を付ける
 「Identify your static IP」で名前を付けます。
WS000019.JPG

(4) 作成実施
 「Create」ボタンをクリックすると作成が開始されます。
WS000020.JPG

(5) 作成完了
 作成が完了します。
WS000021.JPG

コンソールからログイン

(1) インスタンス選択
 作成したインスタンス名をクリックします。
WS000022.JPG

(2) 接続開始
 「Connect using SSH」をクリックします。
WS000023.JPG

(3) 接続完了
 ターミナル画面が表示されたら接続完了です。簡単ですね。
WS000025.JPG

Tera Termからログイン

(1) 設定確認
 「Firewall」でSSHが解放されていることを確認します。
WS000026.JPG

(2) Tera Term起動
 「Tera Term」でホストが作成したインスタンスのグローバルIP、サービスがSSHであることを確認し、「OK」をクリックします。
WS000027.JPG

(3) フィンガープリント
 「続行」をクリックします。
WS000028.JPG

(4) 情報入力
 ユーザ名を入力し、「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」を選択します。
WS000029.JPG

【注釈】
 ユーザ名はOSによって変わります。
 UBUNTU:ubuntu
 Amazon Linux 1/2:ec2-user

(5) 鍵の選択
①「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」の右の「...」をクリックします。
WS000030.JPG
② インスタンスの作成時にダウンロードしたキーペアを選択して、「開く」をクリックします。
WS000031.JPG
【注釈】
 ダウンロードしていなければ、コンソール画面からダウンロードしてください。

③ 「OK」をクリックします。
WS000032.JPG
④ ログインできれば成功です。
WS000033.JPG

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away