Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

@RyujiKawazoe

KinesisFirehose+ElasticSearchの連携

KinesisFirehose→AWS ElasticSearchの連携はとても簡単で、
KinesisFirehoseの作成時にElasticSearchのドメインを作っておけば、すぐに設定できます。

直接ElasticSearchにPUTするやり方もあると思いますが、
何と言ってもtypeの作成はJSONが複雑になるにつれ糞めんどくさいですよね。

でも、一度FirehoseにPUTしてしまえば、かなりのメリットがあります。

Firehose+ElasticSearch連携のメリット

  • ログをすべてS3に保存する設定にしておけば、Athena等で解析が可能。ElasicSearchのエンドポイントを削除してしまっても安心
  • ElasticSearch側にindex, typeの設定をしておく必要がない。
    • なければ自動でつくられます
  • KinesisFirehoseにPUTするものがネストしたjsonでも、ElasticSearch側はエラーを起こさずにそのネストした状態でtypeを作ってくれる
    • string, int, dateの解釈もしれてくれます。
  • KinesisfirehoseにPUTされるJSONの中身に、あらたなキーが追加されてもそれに自動で対応してくれる
    • update作業いらずですね。すごすぎる
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
1
Help us understand the problem. What are the problem?