Unity3D
Unity

Debug.isDebugBuildとDevelopment BuildとCloud Build

More than 1 year has passed since last update.

Debugクラスには、isDebugBuildというプロパティがあります。

これは、「デバック時だけパラメータをいじることができるビューを表示する」など、デバックの際に活用することができます。

リファレンス

次のコードは、Debug.isDebugBuildtrueの時だけ、GUIのボタンを表示する例です。

using UnityEngine;

public class DebugView : MonoBehaviour
{
    void OnGUI()
    {
        if (!Debug.isDebugBuild)
        {
            return;
        }

        var width = Screen.width / 4;
        var height = Screen.height / 16;

        if (GUI.Button(new Rect(10, 10, width, height), "Show Debug View"))
        {
            ShowDebugView();
        }
    }

    /* 略 */
}

Debug.isDebugBuildは、Unity Editorで設定する場合は、File > Build Settingsの中から、Development Buildをチェックするとtrueに、チェックを外すとfalseになります。

Cloud Buildでは、設定タブを選択 > 高度設定を表示 > 高度な設定を変更 > 開発用ビルドのチェックボックスを編集することで、Debug.isDebugBuildを設定できます。

Unity Editorでも、Cloud Buildでも、Debug.isDebugBuildを活用して、デバックを円滑に行いたいですね。