search
LoginSignup
63

More than 3 years have passed since last update.

posted at

DBeaverのインストールとPostgreSQLへの接続

はじめに

 DBeaverのインストール方法とDBeaverを使って
 PostgreSQLに接続し、データを確認するまでの手順を記載します。
 ※ マシンのOSのバージョンは、macOS Mojave 10.14.5です。

前提条件

 DBeaverで接続するDB環境を事前に準備下さい。
 PostgreSQLに接続するための手順を記載していますが、
 基本的な流れは同じな為、PostgreSQL以外のDBでも問題ありません。

DBeaverの概要

 SQLクライアント & DB管理ツール です。

 PostgreSQLなどの主要なデータソースに対応しており、
 マルチプラットフォーム(Windows/Mac OS X/Linux)で利用が可能です。

 "Community Edition"と"Enterprise Edition"の2バージョンが存在しています。
 "Enterprise Edition"では、NoSQL databasesについても
 サポートしているなどの違いがあります。
 今回は、PostgreSQLを利用する為、"Community Edition"を選択します。

1. ダウンロード

1-1. ダウンロードサイトにアクセス

 ダウンロードサイトにアクセスします。

1-2. インストール方法の選択

 Mac OS Xの場合、以下の3種類のインストール方法があります。
 (1) Mac OS X (pkg installer + JRE)
 (2) Mac OS X (dmg)
 (3) Mac OS X (tar.gz archive)

 Mac OS X (pkg installer + JRE)を選択すれば、
 DBeaverの動作に必要なJRE 1.8も自動でインストールされます。
 ※ DBeaverはJavaで作成されている為、JREが必要です。
 ※ 参考情報(JREのバージョン確認)にJREの確認方法を記載していますので、
  参考下さい。

 私のMacには、JRE 1.8を既にインストールしていた為、
 Mac OS X (dmg)を選択しました。
 00.png

 "dbeaver-ce-6.0.5-macos.dmg"がダウンロードされます。

2. インストール

 ダウンロードした"dbeaver-ce-6.0.5-macos.dmg"をダブルクリックします。
 以下の画面が開くので、DBeaverをApplicationsにドラッグ&ドロップします。
  01.png

3. PostgreSQLへの接続

3-1. DBeaverの起動

 インストールしたDBeaverを起動します。

3-2. 新しい接続の作成

 新しい接続を作成します。
 以下の画面でPostgreSQLを選択します。
 02.png

3-3. 接続情報の設定

 以下の画面でPostgreSQLに接続するUser、Password、Portなど
 入力・確認を行います。
 03.png

3-4. テスト接続

 テスト接続ボタンを押下します。
 テスト接続に成功すれば、以下のダイアログが表示されます。
 04.png

3-5. 接続

 テスト接続のダイアログを閉じ、終了すると、
 PostgreSQLに接続され、以下の画面が表示されます。
 05.png

4. データの確認

4-1. SQLエディタを開きます。

 スクリーンショット 2019-06-08 13.46.45.png

4-2. SQLを実行します。

 ショートカット「control + enter」で実行できます。
 スクリーンショット 2019-06-08 13.47.09.png

以上となります。

他にもER図を出力したりなど、機能が豊富なので、
色々と試してみて下さい。

参考情報(JREのバージョン確認)

 以下のコマンドを実行します。
  $ java -version

 下記のように java versionが1.8であることを確認してください。

$ java -version
java version "1.8.0_171"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_171-b11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.171-b11, mixed mode)

参考情報(ドライバの更新)

 「1-2. インストール方法の選択」に記載した通り、JRE 1.8がインストール済みだった為、
 Mac OS X (dmg)でインストールしました。
 恐らくそれが原因で、最初にPostgreSQLにテスト接続した際、
 「ドライバが見つかりません」とエラーが発生しました。
 ※ PostgreSQLのドライバが古いことが原因

 そのため、私のマシンでは、「3-2. 新しい接続の作成」の前に
 PostgreSQLのドライバを更新しています。
 以下にその手順を載せます。

 (1) データベースから「ドライバーマネージャー」を選択します。
  07.png

 (2) PostgreSQLを選択します。
  08.png

 (3) エラーとなっているドライバを選択し、「ダウンロードと更新」ボタンを押下します。
  09.png

 (4) ドライバを選択し、ダウンロードします。(私は、org.postgresql...を選択しました。)
  10.png

 (5) ドライバの編集画面を閉じます。

 以上となります。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
63