Posted at

DBeaverのインストールとPostgreSQLへの接続


はじめに

 DBeaverのインストール方法とDBeaverを使って

 PostgreSQLに接続し、データを確認するまでの手順を記載します。

 ※ マシンのOSのバージョンは、macOS Mojave 10.14.5です。


前提条件

 DBeaverで接続するDB環境を事前に準備下さい。

 PostgreSQLに接続するための手順を記載していますが、

 基本的な流れは同じな為、PostgreSQL以外のDBでも問題ありません。


DBeaverの概要

 SQLクライアント & DB管理ツール です。

 PostgreSQLなどの主要なデータソースに対応しており、

 マルチプラットフォーム(Windows/Mac OS X/Linux)で利用が可能です。

 "Community Edition"と"Enterprise Edition"の2バージョンが存在しています。

 "Enterprise Edition"では、NoSQL databasesについても

 サポートしているなどの違いがあります。

 今回は、PostgreSQLを利用する為、"Community Edition"を選択します。


1. ダウンロード


1-1. ダウンロードサイトにアクセス

 ダウンロードサイトにアクセスします。


1-2. インストール方法の選択

 Mac OS Xの場合、以下の3種類のインストール方法があります。

 (1) Mac OS X (pkg installer + JRE)

 (2) Mac OS X (dmg)

 (3) Mac OS X (tar.gz archive)

 Mac OS X (pkg installer + JRE)を選択すれば、

 DBeaverの動作に必要なJRE 1.8も自動でインストールされます。

 ※ DBeaverはJavaで作成されている為、JREが必要です。

 ※ 参考情報(JREのバージョン確認)にJREの確認方法を記載していますので、

  参考下さい。

 私のMacには、JRE 1.8を既にインストールしていた為、

 Mac OS X (dmg)を選択しました。

 00.png

 "dbeaver-ce-6.0.5-macos.dmg"がダウンロードされます。


2. インストール

 ダウンロードした"dbeaver-ce-6.0.5-macos.dmg"をダブルクリックします。

 以下の画面が開くので、DBeaverをApplicationsにドラッグ&ドロップします。

  01.png


3. PostgreSQLへの接続


3-1. DBeaverの起動

 インストールしたDBeaverを起動します。


3-2. 新しい接続の作成

 新しい接続を作成します。

 以下の画面でPostgreSQLを選択します。

 02.png


3-3. 接続情報の設定

 以下の画面でPostgreSQLに接続するUser、Password、Portなど

 入力・確認を行います。

 03.png


3-4. テスト接続

 テスト接続ボタンを押下します。

 テスト接続に成功すれば、以下のダイアログが表示されます。

 04.png


3-5. 接続

 テスト接続のダイアログを閉じ、終了すると、

 PostgreSQLに接続され、以下の画面が表示されます。

 05.png


4. データの確認


4-1. SQLエディタを開きます。

 スクリーンショット 2019-06-08 13.46.45.png


4-2. SQLを実行します。

 ショートカット「control + enter」で実行できます。

 スクリーンショット 2019-06-08 13.47.09.png

以上となります。

他にもER図を出力したりなど、機能が豊富なので、

色々と試してみて下さい。


参考情報(JREのバージョン確認)

 以下のコマンドを実行します。

  $ java -version

 下記のように java versionが1.8であることを確認してください。

$ java -version

java version "1.8.0_171"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_171-b11)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.171-b11, mixed mode)


参考情報(ドライバの更新)

 「1-2. インストール方法の選択」に記載した通り、JRE 1.8がインストール済みだった為、

 Mac OS X (dmg)でインストールしました。

 恐らくそれが原因で、最初にPostgreSQLにテスト接続した際、

 「ドライバが見つかりません」とエラーが発生しました。

 ※ PostgreSQLのドライバが古いことが原因

 そのため、私のマシンでは、「3-2. 新しい接続の作成」の前に

 PostgreSQLのドライバを更新しています。

 以下にその手順を載せます。

 (1) データベースから「ドライバーマネージャー」を選択します。

  07.png

 (2) PostgreSQLを選択します。

  08.png

 (3) エラーとなっているドライバを選択し、「ダウンロードと更新」ボタンを押下します。

  09.png

 (4) ドライバを選択し、ダウンロードします。(私は、org.postgresql...を選択しました。)

  10.png

 (5) ドライバの編集画面を閉じます。

 以上となります。