Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows10で、Import-StartLayoutでデフォルトに設定したレイアウトを現在のアカウントでも適用させる

はじめに

Windows 10では、Powershellを使って、スタートメニューのレイアウトをエクスポート/インポートすることが出来ます。 しかしMicrosoftの公式ドキュメントによると、Import-StartLayoutを使って任意のレイアウトをデフォルトに設定しても、それ以降に新しく作られるユーザーアカウントに適用されるのみで、現在すでに仕様されているアカウントのスタートメニューレイアウトは変更されません。
これをどうにか適用させて、変更させてしまいたい。
Windows 10 October 2018 Update (version 1809)で確認しました。

やる

3ステップです。.ps1ファイルにすると楽です(Set-ExecutionPolicyを忘れずに)。

Powershell
Import-StartLayout -LayoutPath 'C:\Temp\Layout.xml' -MountPath 'C:\'
Powershell
Remove-Item 'HKCU:\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\CloudStore\Store\Cache\DefaultAccount\*$start.tilegrid$windows.data.curatedtilecollection.tilecollection' -Force -Recurse
Powershell
Get-Process Explorer | Stop-Process

なにをしているか

RegistryChangesViewなどのツールを使って調べてみると、スタートメニューに変更を加えると(タイルの移動、グループ名の変更など)、HKEY_CURRENT_USER以下のあるレジストリキーが変更されていることが分かります。キーにはPCごとに固有と思われるIDが含まれているので、上記のように*(ワイルドカード)でPowerShellに見つけてもらっています。
そして一度このキーを削除した後に、WindowsのExplorerプロセスを再起動すると、インポートしたレイアウトが、現在ログインしているアカウントのスタートメニューに適用されます。

わからないこと、やりたいこと

  • 上記レジストリのData値(REG_BINARY)の中身の意味。
    • 海外のフォーラムも調べてみたんですが、Decode出来た人はまだいないみたいです。
    • やってることがバッドノウハウの域なので、系統立てて調べたい。
  • 現状のスタートメニューのタイルのグループ名をスマートに調べる方法。
    • たぶん上記がわからないと無理...。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした