LoginSignup
3

More than 3 years have passed since last update.

obnizとkintoneをノーコードでつないでみた

Last updated at Posted at 2019-12-20

🎄こちらは obniz Advent Calendar 2019 21日目の記事です🔔

はじめに

obnizには Serverless Event という形で、外部からのアクションをトリガーにobnizを操作することができる機能があります。ググってみると、IFTTT連携だったり定期実行だったりいろいろ出てきます。

そして、その Serverless Event ですが、obnizの 開発者コンソール を見ると、

Webhook という一文字が・・・。
IFTTT連携できるって時点で気づくべきところですが(笑)、Webhookを受け取ったときにobnizを操作することができるらしい!!
websocket API ではないところがポイントです!!)

今回一番の驚きはWebhookで受け取ったデータを obniz側でゴニョゴニョできるってことです。
→ 普通は Lambdaとか中間サーバーを用意してデータを変換しないといけないんですが、そこも Serverless Event が担っている

なので、用意しないといけないものが

  • obniz
  • kintone

だけというわけです!すばらしい!!

作ったもの

kintoneのWebhookが使えるので、kintoneの通知をobnizが知らせてくれる仕組み を作ります。
今までだとkintone側でobnizのコードを書く必要があったのですが、今回はWebhookなのでkintone側はノーコードです!

そしてobnizもブロックプログラミングに対応しているのでノーコード!

そしてそしてできたものがこちら

ソフトウェア側の実装

たぶん10分くらいで終わりますw そのくらいシンプルです

obniz側

Repository 内で作成します。
LEDとDCモーターを3秒動かして停止させるという非常にシンプルな動きです。

このプログラムを Serverless Event で設定します。WebAppp to run 部分でRepositoryが選択できるので、作ったやつを選びます。
そして Event TriggersWebhook にして保存すると生成される Endpoint のURLをコピーしておきます。

これでobniz側はおしまい。

kintone側

こちらもとても簡単です。適当なアプリを作ってWebhookの設定をするだけです。

この↓の Webhook URL 部分に obniz側で生成したURLを記載します。

これでkintone側もおしまい。

ハード側の実装

さぁ、本題はここから。物理的な実装に1時間くらいかかりましたw
何回もトライアンドエラーしました 泣

  • ペットボトルをデバイスの容器として使おうと決める
  • ペットボトルの底を切り取る (2回失敗)
  • ペットボトルの表面(LED)部分に穴を開ける(1回失敗)
  • 基盤を作成する(何回かやり直す)
    • はんだづけの位置を間違える
    • LEDを抵抗なしで直挿ししてフィラメントを焼き切る

いろいろ試しました。

※ 基盤をペットボトル内に入れる際に、その入れる位置によってコネクタ部分が微妙にずれるのでLEDだけは大雑把に作りましたw

モバイルバッテリーはサイボウズ商店のバッテリーを利用しています^^

おわりに

ソフトウェアの人間だけど、物理的なものを作るのは楽しいね〜
ソフトウェアの人間だから、obnizはとても親しみやすくて良いね〜

複数のkintoneアプリにWebhookのURLを設定すればいろいろアプリから通知が受け取れます!
今回はブロックプログラミングを使いましたが、obniz側でJSも書けるのでレスポンスから処理を分岐させることもできます

  • メンションがあったらモーターのパワー最大で回る
  • 重要なアプリにレコードが追加されたらLEDが点滅

などなど。いろいろお試しあれ!

それでは!≧(+・` ཀ・´)≦

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
3