Edited at

WindowsでHHKB(US配列)を使ってMac風のキー操作を行う

More than 1 year has passed since last update.


背景

仕事で使用するPCがMacからWindowsに変わった際に設定を変更してMacの使用感に近付けたので、行ったことをメモに残しておく。


環境


  • Windows 10

  • Happy Hacking Keyboard (HHKB) US配列


設定

最終的なゴールは以下。


  • ◇にCtrlを割り当てる

  • 左右の◇空打ちでIMEのON/OFFを切り替える


  • ◇+Tabでアプリケーションを切り替える(Alt+Tabの代わり)


  • Ctrl + Shift + zでWindowsのCtrl + y(Redo)が動くようにする


レジストリ

支給されているラップトップPCがJIS配列のため、PC自体のキーボードはJIS配列のまま、外付けキーボードのみUS配列と認識させる。



  • win + rで「ファイル名を指定して実行」を開く


  • regeditを入力しOK


  • LayerDriver JPNを検索し、値をkbd106.dllからkbd101.dllに変更


  • OverrideKeyboardIdentifierを検索し、値をPCAT_106KEYからPCAT_101KEYに変更

  • 設定を反映するためPCを再起動


HHKB背面スイッチ

Windows用にHHKBの背面スイッチを変更する。最終的な状態としては以下の通り。

SW
状態

1
ON

2
OFF

3
ON

4
OFF

5
ON

6
OFF



  • SW1:ON,SW2:OFFにしてLite拡張モードにする ※Winを使うため


  • SW3:ONにしてDeleteをBSとして使う


  • SW5:ONにしてAltと◇(Win)を入れ替える


キーアサイン

MacのcmdとWindowsのCtrlを同等のキーとしたいので、ツールを使ってキーアサインを変更する。

キーアサインの変更にはKeySwapを使用する。設定内容としては以下の通り。

キー
割当

左Alt
左Ctrl

左Win
左Alt

右Alt
右Ctrl


  • Macのcmdの位置にCtrlを割り当て

  • 溢れた左Altを左Winに割り当て ※Winは右のみで頑張る

設定したら反映させるため再ログインする。


ホットキー

Macの使用感により近付けるため、AutoHotkeyを使ってホットキーを設定する。

※TODO:別途設定をアップする AutoHotkeyの設定ファイルはgithubに置いた。


参考サイト

WindowsでHHKB Professional2をMac風に使うための設定 | karakaram-blog

Windows環境でのHHKB Professional2設定(IME設定 + AutoHotkey + Vim) - てんてんのぶろぐ

Mac使いの僕がWindowsのHHKB pro2で設定しているキー配列 - codaMac.jp

WindowsのAlt空打ちで日本語入力(IME)を切り替えるツールを作った

ホットキー - AutoHotkey Wiki