Posted at

Jekyll 3.3 の新機能について

More than 1 year has passed since last update.

いつも使ってる Jekyll について何か書こうと思ったのですがネタが思いつかなかったので Jekyll 3.3 について書きたいと思います。

詳しくは原文(英語) を見てください。


1. /assets フォルダサポート

ココはあまりよくわかってませんが /assets フォルダにSCSSファイルやCoffeeScriptファイルなどを追加するとそのファイルをテーマ適用時に使えるようです。

詳しくはこちらのドキュメント(英語)を見てください。


2. relative_urlabsolute_url

今までURLを書く際はbaseurlurlを使って相対・絶対URLを生成してたと思われますが今回追加されたrelative_urlフィルタとabsolute_urlフィルタを使うと簡単に書けるようになります。


relative_url

相対URLにしたいときに使います。


やり方

<a href="{{ site.baseurl }}/foo">bar</a>

<a href="{{ "/foo" | prepend: site.baseurl }}">bar</a>

みたいに今まで書かれてたURLの部分を

<a href="{{ "/foo" | relative_url }}">bar</a>

のように変更するだけです。


absolute_url

絶対URLにしたいときに使います。


やり方

<a href="{{ site.url }}{{ site.baseurl }}/foo">bar</a>

<a href="{{ "/foo" | prepend: site.baseurl | prepend: site.url }}">bar</a>

みたいに今まで書かれてたURLの部分を

<a href="{{ "/foo" | absolute_url }}">bar</a>


3. site.url

jekyll serveした際site.urlが標準でhttp://localhost:4000に変わるようになりました。

ちなみにhttp://localhost:4000に変って欲しくない場合はjekyll serveする前にJEKYLL_ENV=productionをすればいいです。