search
LoginSignup
0

posted at

updated at

【Reray】ローカルサーバーでLINE Botの動作確認をする

Rerayで簡単に無料で試せるLINE Botの動作確認方法を紹介します。

はじめに

近年LINEのユーザー数が増加する一方で、LINEを使用したマーケティングを行う企業が増えてきております。
そのマーケティング手法の1つとしてLINE Botの活用が注目されています。

LINE BotはLINEプラットフォームを通して呼び出されます。そのためLINE BotはLINEプラットフォームから見えるところに存在する必要があります。
つまりインターネットからアクセス可能なところにLINE Botを配置しなければならないのですが、グローバルなネットワーク上に配置するとなるとAWSなどのクラウドサービスやVPSなどのレンタルサーバーなどと契約が必要となり、動作確認や検証をするためだけにも料金が発生してしまいます。

Rerayを使用することで、無料で簡単にローカルで開発中のLINE Botをインターネット上に公開し、動作検証やテストをすることができます。

公式サイト

https://reray.net

仕組み

structure_linebot.png

Rerayのセットアップ

過去記事で紹介していますので参照ください。非常に簡単です。

LINE側の設定例

LINE Developersの「Messaging API設定」を開いて、
「Webhook設定」の「Webhook URL」に「https://subsub.reray.net/callback」を入力します。
※「/callback」がLINE Botを呼び出す際のパスとして設定しています。
webhook_linebot.png

Webhook URLを入力して「検証」ボタンを押して、成功が表示されたらOKです。
webhook_ok_linebot.png

Webhook以外の設定はこちら
https://developers.line.biz/ja/docs/messaging-api/getting-started/

以上でローカルで実行中のLINE BotをLINEアプリから呼び出すことができます。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0