Help us understand the problem. What is going on with this article?

【IOST】Cloud ShellからSSHにつないでログを見てみる

この記事でやること

  1. Google Cloud ShellからSSHでVMインスタンスに接続
  2. iServerのログの格納場所を確認して開く

Google Cloud ShellからSSHでVMインスタンスに接続

Google Cloud Shellとは

Cloud Shell - ブラウザベースのコマンドライン
https://cloud.google.com/shell/?hl=ja

SSHでも接続できるが、Cloud Shellだとスマホアプリ経由ででも接続できるので何かと便利。

Google Cloud Console(iOSとAndroidどちらでもOK)
https://itunes.apple.com/jp/app/google-cloud-console/id1005120814?mt=8
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.cloudconsole&hl=ja

Cloud Shellを開いてSSHに接続する

selectshell.png
画面上部メニューバー右側のコンソールアイコンをクリックして少し待つとCloud Shellが立ち上がります。
con01.PNG
下記コマンドを打っていきます。

gcloud compute ssh インスタンス名 --zone ゾーン

インスタンス名とゾーン名はそれぞれ下記の値を設定します。
iandzone.png

gcloud compute ssh iost --zone asia-northeast1-b

実行すると「接続のためのSSHキーを生成するよ?」と聞いてくるので「y」と入力。

being able to generate SSH keys.
Do you want to continue (Y/n)?  y

パスフレーズの入力を求められるので、2回同じ値を入力すると設定が完了し、SSHに接続できるようになります。

iServerのログの格納場所を確認して開く

ここからが本題です。まずはroot権限になってログの格納場所を探しましょう。

sudo su
find / -name iost.log

すると1つのディレクトリがヒットすると思います。

/var/lib/docker/overlay2/01420e587c21ff154b28bf1d2a8a0ae1cc63b48a304b06466491a5d1204512ba/diff/var/lib/iserver/logs/iost.log

この配下に移動してディレクトリを表示してみます。

cd /var/lib/docker/overlay2/01420e587c21ff154b28bf1d2a8a0ae1cc63b48a304b06466491a5d1204512ba/diff/var/lib/iserver/logs
ll

するとこんな感じで一覧が出てきます(見辛くてスミマセン)
loglist.PNG
ログファイル名を見ると気付くかもですが、1時間ごとに1ファイル作成している模様です。
(ただ、このコマンド実行したのが3月2日なので3月1日分が3つしか作られていないのは謎です)
これらがiServerの実行ログになります。
以上です。お疲れさまでした( ´・ω・)⊃旦

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away