Help us understand the problem. What is going on with this article?

IOSTABCでアカウント作成~Chromeのウォレットにインポート

一番簡単に手早くさくっとIOSTのアカウント(=銀行口座と捉えてください)を作る方法を記載します。

IOSTABCにアクセス

こちらです👇
https://iostabc.com/

アクセスするとこんな画面が表示されます。
image.png
※もし中国語で表示されていたら、右上から英語にしましょう。残念ながら日本語は無いです(´・ω・`)
左メニューの「Create Account For Free」をクリックしてアカウント作成画面に移動します。
image.png
まずは公開キー(公開鍵)の作成です。「Auto Generate」にチェックを入れると自動生成されるのでそれを使います。
image.png
で「CREATE ACCOUNT」押したら晴れてアカウント作成…!のはずがエラーが出たらこちらをチェック。
image.png
TwitterのIDと同じ仕組みで、同じアカウントID文字列は使えないのですね。チェックしたいときは画面上の検索フォームから好きなワードを入れてみましょう。もしこんな画面が出てきたらまだアカウントが存在していないということになります。チャンス!
image.png

はい、ということで晴れて作成できたら次の画面に
・公開鍵
・アカウントID
・秘密鍵
・ネットワークID
などが表示されていると思います。必ずコピペしてローカルに保存してください。特に、秘密鍵無くすと二度とアカウント使えなくなりますので注意。もちろん他人に不用意に知られたら大変なことになりますので注意(これはビットコインも同じですね)

Chromeのウォレットにインポート

さて、晴れてアカウント作成できたわけですが、その残高を確認したり、別の人に送金したりする時に必要なのがウォレットになります。
ウォレットは色々な会社がスマートフォン用に作ってたりしますが、今回はChromeの拡張機能のウォレットを使います。

こちらです👇
https://chrome.google.com/webstore/detail/iwallet/kncchdigobghenbbaddojjnnaogfppfj?utm_source=chrome-ntp-icon
通常の拡張機能と同じようにインストールすると、右上にIOSTのアイコンが出てきます。
クリックすると「IMPORT」というボタンが出てくるのでクリック。
10.PNG
ここで先ほど発行したアカウントの秘密鍵を入力しましょう。これだけでウォレットのインポートは完了です!簡単ですね。
11.PNG
こんな感じに表示されたら完了です。お疲れさまでした(´・ω・)つ旦


※秘密鍵をそのまま入力して~というのはセキュリティ的には本当はあまりよろしくないのは周知の通りです。
HuobiWalletなどではキーフレーズからの復元などにも対応しているので、そちらを使うのもオススメです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away