Posted at

TokenPocketでIOSTの財布を作る(Android編)

IOSTのメインネットが稼働しましたが、さっそくいくつかのスマートフォンウォレットアプリが提携し始めています。

TokenPocket — Your Universal Wallet

https://play.google.com/store/apps/details?id=vip.mytokenpocket&hl=ja

ちなみにこのアプリ、同名アプリがあってややこしいんですが、間違えないように注意です(青いアイコンの方です)

tokenPocket - 仮想通貨Etheruem Wallet&Dappブラウザ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tokenpocket

では、さっそくはじめましょう


アプリのダウンロード

下記URLからダウンロードしてください(容量は50MBほど)

https://play.google.com/store/apps/details?id=vip.mytokenpocket&hl=ja

ダウンロード終わったら

起動したらこんな画面が出てきます。最初はEOSモードになってます。

qta01.png

かわいい顔した兄ちゃんの頭の上をタップして、IOSTを選びましょう。

qta02.png

するとIOSTモードに変わります。初回作成なので「アカウントなし」を選んでください。

qta03.png

「アクティベーションコードの作成」を選択。色々細かいことが書いてありますが、アカウント作成には直接関係ないので無視してOKです。

qta04.png

ここから先はフォームに値を入力していきます。

qta05.png

項目名
内容

アカウント名
5-11文字の好きな文字列で設定してください

パスワード
8文字以上で大文字小文字混在がお勧めとのこと

パスワード確認
パスワードをもう一度入力

アクティベーションコード
キャンペーン中はここに値を入力するとIOSTが無料でもらえたり?

プロンプト
何も入力しない


アクティベーションコードはどうやって入手すればいいのさ

2019年3月12日現在、こんなキャンペーンやってました。

TokenPocket Partner with IOST | Free Account Giveaway

https://medium.com/@tokenpocket.gm/tokenpocket-partner-with-iost-free-account-giveaway-57d54a6a1d82

英語で色々書いていますが、

・TokenPocketのTelegram(https://t.me/tokenPocket_en)に入って

・管理者の@MartinKongさんに個別メッセージでメールアドレスを送る

とアクティベーションコードもらえます。アクティベーションコード入れるとFREE IOSTアカウントが作成できるらしいです。メールアドレスは捨てアドサービスで生成したものでもいいみたいです(いいのかよ)

期限は『14 March 11:59 AM (UTC+8)』まで、とのことです。

※FREE IOSTアカウントがiGASとiRAMを最初に少しだけもらえてるアカウントと私は理解しているのですが、違うかも…?

qta06.png

くれぐれも全体チャットに投下するのはやめましょう。また、こういうキャンペーンに使うメールアドレスは絶対に普段使いのものは避けましょう。

さて、@MartinKongさんに個別投稿したら数分後にアクティベーションコードもらえますので、そのまま先ほどの画面に戻って入力をすると、

Screenshot_2019-03-12-21-24-55-705_vip.mytokenpocket.png

ウォレットの復元に必要な秘密鍵が表示されますが、その前に注意事項が。

かならずローカルに保存して他人に知られないでね、というお作法になります。

この画面の後、秘密鍵が表示され、さらに進むと「秘密鍵を入力してください」と出てくるので確認のために入力することでようやく完了です。

Screenshot_2019-03-12-21-26-41-617_vip.mytokenpocket.png

次の画面では入力した先ほど入力したアクティベーションコードが表示されています。

問題無ければ「使用を開始する」をタップ。

qta07.png

さらに「私は知っている」をタップ。

これで作成完了です。お疲れさまでした。

Screenshot_2019-03-12-21-29-21-935_vip.mytokenpocket.png

TokenPocket自体にはいろいろと便利な機能があるのですが、いかんせん多すぎてここでは紹介できないです。あと全体的に怪しい日本語ですがちゃんと使えます。

参考になった!という方はryohoに投げ銭してみてください。

(IOSTのウォレットアドレスの概念がイマイチまだわからないのですが、TokenPocket上はryohoでいけるはず…("^ω^))


私は知っている