Railsチュートリアル

デフォルトのRailsフォルダ構造

デフォルトのRailsフォルダ構造まとめ

ディレクトリ 用途
app/ モデル、ビュー、コントローラ、ヘルパーなどを含む主要なアプリケーションコード
app/assets アプリケーションで使うCSS (Cascading Style Sheet)、JavaScriptファイル、画像などのアセット
bin/ バイナリ実行可能ファイル
config/ アプリケーションの設定
db/ データベース関連のファイル
doc/ マニュアルなど、アプリケーションのドキュメン
lib/ ライブラリモジュール
lib/assets ライブラリで使うCSS (Cascading Style Sheet)、JavaScriptファイル、画像などのアセット
log/ アプリケーションのログファイル
public/ エラーページなど、一般(Webブラウザなど)に直接公開するデータ
bin/rails コード生成、コンソールの起動、ローカルのWebサーバの立ち上げなどで使うRailsスクリプト
test/ アプリケーションのテスト
tmp/ 一時ファイル
vendor/ サードパーティのプラグインやgemなど
vendor/assets サードパーティのプラグインやgemで使うCSS (Cascading Style Sheet)、JavaScriptファイル、画像などのアセット
README.md アプリケーションの簡単な説明 (訳注: 近年は .rdocよりも .md ファイルの方がよく使われているようです)
Rakefile rakeコマンドで使えるタスク
Gemfile このアプリケーションに必要なGemの定義ファイル
Gemfile.lock アプリケーションで使われるgemのバージョンを確認するためのリスト
config.ru Rackミドルウェア用の設定ファイル
.gitignore Gitに取り込みたくないファイルを指定するためのパターン

※メモ的なもの