Help us understand the problem. What is going on with this article?

【SQL基礎】NOT,NULL,AND,OR,ORDER BY,LIMITについて。

前編
【SQL】SELECT,FROM,WHERE,LIKEについて。 - Qiita

NOT演算子

「〇〇を含まないデータ」や「〇〇に一致しないデータ」のような条件でデータを取得したい場合は「否定」を意味する「NOT演算子」を用いる。

sample.sql
-- priceカラムから、1,000以上ではないデータを取得
SELECT *
FROM purchase
WHERE NOT price > 1000;

-- nameカラムが「プリン」を含まないデータを取得
SELECT *
FROM purchases
WHERE NOT name LIKE "%プリン%";

IS NULL

「カラム名 IS NULL」とすることで、「指定したカラムがNULLであるデータ」を取得できる

sample.sql
-- priceカラムが、NULLのものを取得。
SELECT *
FROM purchase
WHERE price IS NULL;

IS NOT NULL

「カラム名 IS NOT NULL」とすることで、「指定したカラムがNULLではないデータ」を取得できる

sample.sql
-- priceカラムが、NULLではないのものを取得。
SELECT *
FROM purchase
WHERE price IS NOT NULL;

AND演算子

WHEREに複数の条件を指定することができる。
「WHERE 条件1 AND 条件2」のようにすることで、条件1と条件2を共に満たすデータを検索することができ

sample.sql
-- categoryカラムが「IT企業」かつfunctionカラムが「独自ドメイン」であるデータを取得

SELECT *
FROM purchases
WHERE category = "IT企業"
AND function = "独自ドメイン"

OR演算子

WHEREに複数の条件を指定することができる。
「WHERE 条件1 OR 条件2」のようにすることで、条件1または条件2のどちらかを満たすデータを検索することができる。

sample.sql
-- categoryカラムが「IT企業」もしくはfunctionカラムが「独自ドメイン」であるデータを取得

SELECT *
FROM purchases
WHERE category = "IT企業"
OR function = "独自ドメイン"

ORDER BY

データを並び替えるために用いる。
データを並び替えるためには、「(基準となる)並べ替えたいカラム名」と「並べ方」を指定する。

並べ方は、「昇順」は「ASC」、「降順」は「DESC」と指定。
「ORDER BY」は「WHERE」と併用することが可能。

sample.sql
SELECT *
FROM purchases
WHERE category = "IT企業"
ORDER BY employees DESC;

LIMIT

「最大で何件取得するか」を指定するためには、「制限する」という意味の「LIMIT」を用いる。
IMITはクエリの末尾に記述することで、取得するデータの数を制限する。
「LIMIT」は「WHERE」と併用することが可能。
「ORDER BY」と「LIMIT」を併用することも可能。

sample.sql
SELECT *
FROM purchases
WHERE category = "IT企業"
LIMIT 100;
Pirori3182
自分が欲しいサービスを作れるようにプログラミングの勉強を始めました💻 本業はカスタマーサクセス。 HTML&CSS、Ruby勉強中 / TECH :: EXPERT59期生 / 2019.08.01より毎日欠かさず勉強中👩‍💻
https://twitter.com/pirori_saas
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした