Posted at

riot apiを使ったWebアプリケーション

More than 3 years have passed since last update.


ごあいさつ

いつもはJavascriptやphpを書いているPinonです。

夜中の1時ごろによくLeagueOfLegendsをやっています。

好きなChampionはAniviaです。 Aniviaちゃんかわいい。

sliver5の雑魚です

riot apiのAdventCalenderということで、

riot apiを使ったものをやっとまともになったので紹介します。


作ったもの

lol-name-dbというものを作りました

夜中の1時ごろに友人とよくNormalをしているのですが、

その時によく

「この人…前戦った相手じゃない…?」

と話をしています。

しかしゲームクライアントから見れるmatchingHistoryは最新の10件しか表示されません。

そこで、戦った人全てを保存しておくアプリケーションを作りました。

登録しておけば1時間に1回(仕様)更新され、どんどん増えていくはずです。


使ったもの


苦労した点


  1. APIのリクエスト上限が 
    10 request(s) every 10 second(s)
    500 request(s) every 10 minute(s)

    という仕様で、APIを叩いている時にすぐ上限がきてしまう。


    • sleepを挟んで処理を遅らせた。



  2. 時間の比較がstrtotimeで同じ時間の時は弾く処理をしていたが、何故か弾かれない条件があった。



    • Carbonをつかった。これは他のものにも使えそう



  3. CUSTOM MODEでbotのみと戦うと、JSONの中にfellowPlayersは無い。


    • これを見つけるのに苦労した。何故かJSONの中に無かったのはriot plzと思った。




残タスク


  • lol-name-dbっていう名前をかっちょいいのにしたい

  • namelistが増えるとどうしても縦長になるのでページネーションを入れる

  • おされなfaviconがほしい。

  • 削除、ログアウト、SummonerNameを変更できるようにする。
    などなど


感想とか

好きなゲームで、アプリケーションが作れるということがすごく楽しかった。

好きなモノだとモチベが上がる。

APIを公開することは別のゲームとかでもやってほしいなーと思います。

技術についてはたくさん勉強になった。

laravelの使い方を1から教えてくれたhamada君や、

デバッグを行うためにNormalに付き合ってくれたFriendのみんなには本当にお世話になりました:)