Edited at

PayPal 定期支払いの実装方法

定期支払いとは、予め定めた金額を予め定めた周期/期間で定期的に決済する機能です。

毎回の決済時には買い手は決済操作をする必要がありません。

定期支払いはかんたん決済ボタンでAPIを使わず導入することもできますが、ここではREST APIを使った実装方法について説明します。

image.png


REST APIを使った実装


REST APIの準備

REST APIの呼び出し方法(各API共通部分)を参照してください。


Subscription APIの実装

こちらを参照してください。


Webhookの登録

※定期支払いの場合、決済はPayPalがバッチ処理で行うので運用にはなんらかの通知が必要となります。

詳細はこちらを参照してください。

以上で実装は完了です。後はPlan通りに課金がされ、決済時に通知(Webhook)が届くのを待ちます。


定期支払いの決済結果の確認方法

以下の通知によって確認が可能です。


  • 通知メール(全ての導入方法共通)


  • IPN(Instant Payment Notification。全ての導入方法共通。但し、設定した場合のみ)


  • Webhook(REST APIでの実装でかつ登録した場合のみ)


詳細情報

詳細は以下を参照してください。

https://developer.paypal.com/docs/subscriptions/


関連ページ