Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Powershell] Azure Load Balancer のバックエンド プールに VM を追加/切り離す

本稿では、Azure ロードバランサー (Load Balancer) のバックエンド プールに仮想マシン (VM) を追加したり、バックエンド プールから切り離す Powershell コマンドを紹介します1

事前知識

VM (ipconfig) の追加

# LB を取得
$lb = Get-AzLoadBalancer Name "<LB 名>" -ResourceGroupName "<LB のリソース グループ名>"

# バックエンド プールを取得
$backend = Get-AzLoadBalancerBackendAddressPoolConfig -Name "<バックエンド プール名>" -LoadBalancer $lb

# 関連付ける VM の NIC を取得
$nic = Get-AzNetworkInterface -Name "<NIC 名>" -ResourceGroupName "<NIC のリソース グループ名>"

# 指定の IP 構成をバックエンド プールに配置する
($nic.IpConfigurations | where Name -eq "<IP 構成名>").LoadBalancerBackendAddressPools = $backend

# NIC を更新
Set-AzNetworkInterface -NetworkInterface $nic

VM (ipconfig) の切り離し

Azure ロードバランサーのオフライン機能について - Qiita の「2. バックエンドプールから外す」を、Powershell でやる場合の方法です。。

# NIC を取得
$nic = Get-AzNetworkInterface Name "<NIC 名>" -ResourceGroupname "<NIC のリソースグループ名>"

# 特定の IP 構成をバックエンド プールから切り離す
($nic.IpConfigurations | where Name -eq "<IP 構成名>").LoadBalancerBackendAddressPools = $Null

# NIC を更新
Set-AzNetworkInterface -NetworkInterface $nic

参考文献


  1. ほぼ同じ内容が公式ドキュメントにかかれてますが、それを見やすくまとめました。 PowerShell を使用して Azure の内部ロード バランサーを作成する - Azure Load Balancer | Microsoft Docs 

OpenJNY
東工大/大学院(機械学習、グラフ埋め込みを研究してました) →某クラウドのサポートエンジニアの1年目
https://about.me/openjny
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした