Help us understand the problem. What is going on with this article?

Viaual Studio 2017 のエディション比較 メモ

Viaual Studio 2017 のエディション比較サイトが探しにくいので自分用のメモ

Visual Studio エディション主要比較

https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx
ザックリと機能比較したい場合はこちら。
CommunityとProfessionalの大きな差は Codelens ですね

特に Visual Studio Communityを利用可能な人、団体が細かく書かれていますね
•個人開発者
•学習、学術調査目的の開発者
•オープン ソース開発者
•中小規模の企業や団体 -> PC 台数 250 台未満かつ年商 1 億円未満の企業や団体。当該組織は 5 名まで利用可能。

Visual Studio のバージョンが書いていませんが、2017のものとCommunityの制限が一致していますので、2017と思われます


Codelens のないコードのイメージ
Codelensなし.PNG

Codelens のあるコードのイメージ
参照関係が参照できまくる
Codelensあり.PNG
1人でも過去のアクティビティを振り返ることができる
Codelensあり2.PNG
1人でもコードの変更履歴が堪能できる
Codelensあり3.PNG
けっこうすごいですね

MSDNでの詳細解説はこちら
CodeLens によるコード変更とその他の履歴の検索
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn269218.aspx

--

Viaual Studio 2017 製品の比較

https://www.visualstudio.com/ja/vs/compare/
一見、●●●○ と書かれていて意味がわからないが、展開するとよくわかります
Visual Studio Communityを利用可能な人、団体
•個人の開発者
•クラスルーム学習
•アカデミックな研究
•オープン ソース プロジェクトへの貢献
•非エンタープライズ組織 最大 5 ユーザーまで -> エンタープライズ組織とは、PC 250 台超、または年間収入 100 万米ドル超の組織です。

$1 = 100円 換算なのかな・・・w


なお、Visual Studio 2017 は更新がかなり激しいので常に最新版をチェックするとよいです

Visual Studio 2017 (バージョン 15.2) リリース ノート

https://www.visualstudio.com/ja-jp/news/releasenotes/vs2017-relnotes

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした