JavaScript
Node.js
npm
GoogleSpreadSheet

【Node.js】GoogleSpreadSheetから値を取得する

GoogleSpreadSheetからGASやGCFなどを使ってデータを取得して処理する


参考ページ

Google Apps API Keyの取得

http://www.yoheim.net/blog.php?q=20160411

https://techblog.lclco.com/entry/2018/11/30/120000


google-spreadsheet

https://www.npmjs.com/package/google-spreadsheet

image.png


サンプルコード


index.js

//パッケージを読み込む

var GoogleSpreadsheet = require('google-spreadsheet');

//必要情報の格納
var test_sheet = new GoogleSpreadsheet('<spreadsheet key>');
var credentials = require('./上記参考サイト内の連携処理でインストールしたファイル名(拡張子は .json) ');

//データ格納用変数の用意
var sheet;

//連携の認証
test_sheet.useServiceAccountAuth(credentials, function(err){
//sheetデータの取得
test_sheet.getInfo(function(err, data){
sheet = data;
//取得したsheetの中に自分の取得したいシート名があるかチェック
for(var i in sheet.worksheets) {
if(sheet.worksheets[i].title === 'シート名') {
sheet.worksheets[i].getRows(function(err, rows) {
for(var i in rows) {
var value = rows[i].欲しい情報のカラム名;

//valueに入った値を使って処理を行う

};
});
};
};
});
});


他の関数内でも変数をグローバルに使いたい時はこちら

JavaScriptにおける同期処理について