Android
Kotlin
AndroidStudio
Firebase

初心者がKotlinでFirebaseを導入してみた


Firebaseとは

mBaaS(mobile Backend as a Service)のひとつ。

アプリを開発する際に、ログイン機構とかデータベースとか一からつくるのはすごい手間だからありものを使わせていただこう。世の中便利だなあ。


1.Firebaseのアカウントおよびプロジェクトを作る

FirebaseはGoogle傘下なのでGoogleアカウントがあれば作れる。

https://firebase.google.com/?hl=ja

コンソールへ移動して

スクリーンショット 2018-12-29 18.41.56.png

プロジェクトを追加する

スクリーンショット 2018-12-29 18.43.31.png

スクリーンショット 2018-12-29 18.44.54.png

スクリーンショット 2018-12-29 18.45.34.png

この画面まで行けばとりあえずOK

スクリーンショット 2018-12-29 18.45.56.png


2.Kotlinアプリを作ってFirebaseプロジェクトに追加する

testアプリをつくった

スクリーンショット 2018-12-29 18.52.45.png

Firebaseのコンソールからアプリをプロジェクトに追加する

スクリーンショット 2018-12-29 18.51.01.png

①アプリの登録

パッケージ名だけいれればいいみたい

スクリーンショット 2018-12-29 18.55.23.png

②設定ファイルのダウンロード

ファイルをダウンロードして作ったアプリの所定の場所に格納する

スクリーンショット 2018-12-29 18.56.37.png

スクリーンショット 2018-12-29 19.07.24.png

③Firebase SDKの追加

Gradleに以下の文言を追加

スクリーンショット 2018-12-29 18.59.54.png

プロジェクトレベルのGredle

スクリーンショット 2018-12-29 19.01.39.png

スクリーンショット 2018-12-29 19.02.58.png

アプリレベルのGradle

スクリーンショット 2018-12-29 19.03.45.png

スクリーンショット 2018-12-29 19.04.26.png

Sync Nowする

スクリーンショット 2018-12-29 19.05.32.png

スクリーンショット 2018-12-29 19.08.14.png

エラーがなければとりあえずおっけー

④アプリを実行してインストールを確認

なんかこれめっちゃ時間かかったんだけど私だけ?

スクリーンショット 2018-12-29 19.08.58.png

これでセットアップは完了!

Firebaseのいろんな便利機能が使えるようになりました。