Help us understand the problem. What is going on with this article?

最速を求めて

More than 3 years have passed since last update.

皆さまこんにちは!!

株式会社Gizumoで見習いエンジニアとしてお世話になっている長野です。
まだまだひよっこな僕からはこの業界で感じた大切だなと思うこと、意識していることを少しでも伝えられたらいいなと思います。

いきなりですが、「世の中って何でできているの?」からはじめようかなと思います。
これは主観なので、正解ではありませんが、僕は「信用」でできていると思います。よく「金」だとか「愛」だとか言う人がいますが、どれも還元すれば信用です。皆のことを理解し信用できれば世の中ラブ&ピース、国境も無くなる事でしょう!
ですが、信用は掴むのは難しく、失うのは簡単なのですごく難しいです。信用を得るには価値を生み出さなければダメです。

僕は普段から「速いは強い」と考えています。

ビジネスでも先にコンテンツを提供した所が第一人者として、以後似たようなサービスが出てもスポットを当て続けられる、好きな人が出来たら誰よりも先に告白しないと他の人の所へ行ってしまう。麻雀では誰よりも先にテンパイして即リーチ!が基本(だいぶ信用とは関係ないな…)、何でも基本は「誰よりも速く先に」が重要です。「信用」を掴むひとつの手段として速さは結構大事だと思います。
そんなこと言うと、「資金があれば後出しの権利があるよね~」、「イケメンだったら関係ないよね~」とか反対意見が出てきそうですが、そのようなお問い合わせはNGでお願いします。

前置きが長くなりましたが、それではGizumoエンジニア Advent Calendar 2015、12日目スタートします!!

目標を定める

よく聞く言葉ですが、すごく重要だと思います。これを意識していると意識していないとでは結果が全然違います。朝仕事前に「今日はこれくらいやろう」では駄目です、業務中も時々思い出すようにするともう最高です。僕の場合は「昨日の1.1倍消化する」、「昨日より10分早く終わらせる」を毎日目標に業務に取り組んでいます。実現不可能でない少しキツイ位の目標を具体的に持つと良いと思います。

常に危機感を持つ

これはかなり大事です。僕もそうですが、テスト直前にならないと勉強しない、まだ企画始まったばかりだしのんびりいこうなど危機感が足りないと感じています。最初から飛ばして後々楽をする、僕自身これを意識して仕事のスピードが上がったと感じています。ただ、焦るのと危機感を持つのは別物ですので注意して下さい。焦ると最高のパフォーマンスが出来ず、どんどんどつぼに嵌ってしまいます。あくまで意識的に危機感を持つこれが大事です。

ひたすら考える

とにかく考えましょう。どうしたら作業スピードが上がるか、どうしたら皆が仕事をやりやすくなるか、どうしたら皆が喜んでくれるかなどたくさん考えましょう。考えるのはタダです、しかも楽しいです!
現場が違うので共通した時短方法を提供できなくて申し訳ないのですが、エレベーターは閉めてから回数を選ぶこれをやるだけで0.5秒時間を短縮できます!これはくだらないですが些細なことも大事です。塵も積もれば山となるですね。

他には憧れの人を見つけて、その人を真似るとか、しっかり話を聞くなどがあります。当たり前の事を偉そうにダラダラと述べさせて頂きました。

最後に僕からひとつアドバイスがあります。仕事は結果が大事です。結果を出すため(信用を得るため)に僕は「速さ」を重視し、それについて今まで書いてきましたが、普段は結果より過程を大切にすると良いです。結果主義は楽しくないです。もっとそれまでの長旅を楽しみましょう!!

以上となります。お付き合い頂き、ありがとうございました!!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした