Help us understand the problem. What is going on with this article?

「パスワードは次のメールでお送りします」をやめるためのツールを作った

リポジトリは https://github.com/nabetani/mandihe/

mandihe は、MANual DIffie-HEllman から。

手順

  1. Alice→Bob: 鍵交換支援HTMLを生成するHTMLへのアクセスを提供する。
  2. Alice→Bob: 公開鍵を伝える。
  3. Bob: 鍵交換支援HTMLと Alice からもらった公開鍵を使って、パスワードとダイジェストを作る。
  4. Bob→Alice: ダイジェストとBobの公開鍵を Alice に伝える
  5. Alice: Bobからもらった公開鍵で、パスワードとダイジェストを作る。手元で作られたダイジェストと Bobからもらったダイジェストが一致していることを確認する。
  6. Ailce→Bob: 一致しているからOKだよ、と伝える。

Alice と Bob の間の通信はすべて平文でOK。盗聴されても問題ない。
盗聴+改竄だと困ると思う。
盗聴+改竄 に耐えるようにするには認証局(のようなもの)がないと無理なんじゃないかと思っているんだけど、どうだろう。

(1) の「鍵交換支援HTMLを生成するHTMLへのアクセスを提供」は、平文で HTML を送ってもいいし、サーバーに置いて URL を伝えてもいい。

仕組み

鍵交換をメールなどを通じて行う。

鍵交換の情報の流れは下図の通り:

image.png

「鍵交換支援HTMLを生成するHTML」がある理由

鍵交換支援HTMLは、 crypto.subtle.generateKey で鍵ペアを作る。
HTML を表示するたびに鍵ペアを作るようにすると、

2.Alice→Bob: 公開鍵を伝える。

5.Alice: 手元で作られたダイジェストと Bobからもらったダイジェストが一致していることを確認する。

の間に数日空いたりすると運用上面倒なことになる。
面倒を避けるために鍵ペアを記憶したい。
秘密鍵も記憶するので、暗号化したい。
暗号化には鍵が要る。
では、その鍵はどこに保存するか...という問題がある。

そこで

  • 鍵は、 crypto.getRandomValues で生成。
  • 生成した鍵は「鍵交換支援HTML」内の JavaScript のソースコードに埋め込む。

という作戦にした。
これで、 localStorage であっても安全に秘密鍵を保管することができる。

情報の流れは下図の通り:

image.png

index.html が「鍵交換支援HTMLを生成するHTML」で、 key-exchange-helper.html が「鍵交換支援HTML」である。

  1. 「鍵交換支援HTMLを生成するHTML」内でパスワードを生成
  2. 生成したパスワードを埋め込んだHTMLを「鍵交換支援HTMLを生成するHTML」内で生成
  3. 生成したHTMLを Base64 にして、href に入れる
  4. リンクを右クリック→名前を付けて保存 で、できたての HTML をダウンロード

という流れになる。
パスワードの生成からダウンロードまでの流れに通信が絡まないので傍受できない。

これで、

  • localStorage にデータがあればそれを表示
  • なければ生成

という処理にすることができる。
これで運用上の面倒がなくなる。

動作するブラウザ

手元で調べたところ

  • 最新の Firefox
  • 最新の Google Chrome
  • 最新の Microsoft Edge(Chromium版)

で動作することがわかった。調べたのは macOS版 と Windows版。

一方。

  • 最新の Safari on macOS
  • 最新の Internet Explorer 11 on Windows

では動作しない事がわかった。残念。
非 Chromium の Edge は手元にないので試していない。

Nabetani
横浜へなちょこプログラミング勉強会をやっていました。 / CodeIQ の出題者でした。 / 日経 WinPC に連載を持っていました(名義が違うけど) / Yokohama rb に半分ぐらい参加しています。 / twitter : http://twitter.com/Nabetani
https://nabetani.hatenadiary.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした