Help us understand the problem. What is going on with this article?

第12回オフラインリアルタイムどう書くの参考問題。ruby による実装

More than 5 years have passed since last update.

オフラインリアルタイムどう書く
http://atnd.org/events/40389
の、参考問題(道なりの亀)
http://nabetani.sakura.ne.jp/hena/ord12aloroturtle/
の実装例。ruby。

他の言語などの解答例は
http://qiita.com/Nabetani/items/1de39df381dfeee305ab
から辿れます。

で。
こんな感じ。

def at( a, x, y )
  return nil unless (0...a.size).include?( y )
  line=a[y]
  (0...line.size).include?( x ) ? line[x] : nil
end

def create_graph
  names=[(?A..?Z), (?a..?z), (?0..?7), %w( g f e )].map{ |i| i.to_a }.flatten
  f=( [11]*3+[3]*10 ).map{ |w| names.shift(w) }

  (0..11).each_with_object({}) { |y,r|
    0.upto(y<3 ? 10 : 2) do |x|
      r[ at( f, x, y )] = 4.times.map{ |i|
        at( f, x+[-1,0,1,0][i], y+[0,-1,0,1][i] )
      }
    end
  }.tap{ |r|
    %w( e7 f6  g5 ).each do |c|
      r[c[0]][3]=c[1]
    end
  }
end

def solve( src )
  graph=create_graph()
  pos = [ ?A, graph[?A].index( ?B ) ]
  src.chars.each_with_object( "A" ) do |c,r|
    turn={"L"=>3, "R"=>1}[c]
    if turn
      pos[1] += turn
    else
      c.to_i(16).times do 
        np=graph[pos[0]][pos[1]&3]
        return r+"?" unless graph[np]
        pos = [ np, graph[ np ].index( pos[0] )+2 ]
        r.concat np
      end
    end
  end
end

DATA.each_line do |line|
  num, src, exp = line.split( /\s+/ )
  act = solve( src )
  ok = act==exp ? "ok" : "***NG***"
  puts [ ok, src, act, exp ].join( " " )
end

__END__
0 2RcL3LL22 ABCNYjmpsvy147edcbcdef
1 L3R4L5RR5R3L5 A?
40  6LR2R1LR5LRLRL484L63  ABCDEFGHITe741yxw?

いつもどおり、テストデータの大半を省略。

テストを数えなくても 40行。
最初に書いた時はもっと簡単なような気がしていたんだけどなぁ。

作戦としては、基本的に直交座標系である、というものと、基本的にグラフである、という物があると思う。
これは後者。

地図の歪み具合に応じて例外的な処理をしなければならないわけだけど、それは地図製作の時点で済ましている。移動の時は普通にたどればよい。
とはいえ、solve の最後に end が4つもあるのはいただけない。

Nabetani
横浜へなちょこプログラミング勉強会をやっていました。 / CodeIQ の出題者でした。 / 日経 WinPC に連載を持っていました(名義が違うけど) / Yokohama rb に半分ぐらい参加しています。 / twitter : http://twitter.com/Nabetani
https://nabetani.hatenadiary.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away