Ruby
どう書く

「星めぐり」を解いた

More than 1 year has passed since last update.

第2回 ESM オフラインリアルタイムどう書く( http://d.hatena.ne.jp/E_Mattsan/20151230/1451449205 )の問題
「星めぐり( https://gist.github.com/mattsan/38a752dca30423902b0a )」を解いた。

所要時間 9分。

で。

私の実装。

M={"W"=>"AIGECA/BG/DI/FA/HC/JE",
  "R"=>"FHJBDFH/AH/CJ/EB/GD/IF" }

def solve(src)
  src.chars.drop(1).inject([src[0]]){ |acc,c|
    path=M[c]
    ix=path.index(acc.last)
    acc.push path[ix+1]
  }.join
end

DATA.map{ |line|
  src, expected = line.split(/\s+/)
  actual = solve( src )
  ok = actual==expected
  puts( "%s : %s->%s / %s" % [ (ok ? "ok" : "**NG**" ), src, actual, expected ] )
  ok
}.tap{ |x| puts( x.all? ? "all ok" : "something wrong" ) }

__END__
AW  AI
IRWWRRWWWWWRRWWR  IFAIFHCAIGEBDIGD

いつも通り、テストデータの大半は省略。

9分経過時点のコードそのまま。
まだリファクタリングしていない。

グラフを表現する部分が若干邪悪な感じだけど、急いでいるのでこんなもんだと思う。
ix は変数で受けなくてもよかったね。