Help us understand the problem. What is going on with this article?

C99 の bool と int の振る舞い

More than 1 year has passed since last update.

C99 でようやく bool型 ( _Bool 型 ) が導入された。
わざわざ導入されたからにはやはり int とは振る舞いが異なる。

c99bool.c
//  compiled with "-std=c99"

#include <stdio.h>
#include <stdbool.h>

int main()
{
    bool boolval=2; // _Bool型 に 0 以外の値を入れると 1 になる。
    printf( "%d\n", boolval ); //=> 1
    ++boolval; // ++ はエラーにならないが、1のまま。
    printf( "%d\n", boolval ); //=> 1
    --boolval; // 1 に対して -- すると、0 になる。
    printf( "%d\n", boolval ); //=> 0
    --boolval; // 0 に対して -- しでも -1 にはなれないので、1 になる。
    printf( "%d\n", boolval ); //=> 1
    boolval ^= 5; // ビットの順序とは関係なく「0以外を代入すると1になる」ので、1になる。
    printf( "%d\n", boolval ); //=> 1
    boolval<<=1; // シフトでも「0以外を代入すると1になる」というルールにより、1になる。
    printf( "%d\n", boolval ); //=> 1
    boolval = 0.01; // (int)0.01 は 0 だが、bool に入れると 1 になる。
    printf( "%d\n", boolval ); //=> 1

    return 0;
}

_Bool 型の変数は、値が 0 か 1 のいずれかにしかならない。
BOOL 型の引数が 0, 1 以外の値を取りうることを利用したコードを見てぐったりしたことがあるが、_Bool ならそういう心配がない。

桁あふれした場合の動作が他の整数型と違うので、そこに注目すると気持ち悪い感じもするが、よく考えるとまあこうする他ない。と思う。

Nabetani
横浜へなちょこプログラミング勉強会をやっていました。 / CodeIQ の出題者でした。 / 日経 WinPC に連載を持っていました(名義が違うけど) / Yokohama rb に半分ぐらい参加しています。 / twitter : http://twitter.com/Nabetani
https://nabetani.hatenadiary.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした