Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacでストレスなくVRChatを動かしたい

経緯

私の所属している、IT系メンバ多めなTRPGコミュニティで、
「リモートでもTRPGをやりたい」
VRChat(Windowsで動作するVRチャットアプリ)を使ってTRPGをやってみたい」
という話が出ました。

Macしか持っていなかった私は急遽、Macに仮想のWindows環境を整えることにしました。

この記事のゴール

  • SteamVRChat が快適に動作するような仮想Windows環境を、Mac上に構築すること

動作環境

Macのスペック

そこまでいいスペックのMacではありませんが、快適にVRChatが動作するかどうかが今回の大きな検証ポイントでした。

Model Name: MacBook Air
Model Identifier: MacBookAir7,2
Processor Name: Intel Core i5
Processor Speed: 1.6 GHz
Number of Processors: 1
Total Number of Cores: 2
Memory: 8 GB
System Version: macOS 10.14.2 (18C54)

仮想化ツール

仮想環境で動作させたOS

  • Windows 10 バージョン1903

手順

何をやったかだけをメモ書きしておきます。

  1. Parallels Desktop 15 for Mac のダウンロードとインストール
    • ガイドに促されて、ポチポチとクリックして進めるだけでインストール作業は終わりました。
  2. Windows 10 OS のダウンロードとインストール

    • Parallelsのインストールが終わると、Windows 10 の OS のダウンロード&インストールもガイドで引き続き案内されたので、これも促されるままにクリックしてすすめただけでした。
    • Windows 10 のインストールと初期設定が完了すると、こんな感じでMac上でWindows環境が使えるようになります。
      win-on-mac.png
  3. Steam と VRChat のインストール

    • Parallels で起動した Windows 10 上に、SteamVRChat をインストールしました。
    • インストール手順などは各自で調べてみてください。

動作確認

VRChat on Windows 10 on Parallels on MacBook Air という動作環境で、特に問題なく快適に動作しました。
マイクやカメラの設定も特に必要なく Parallels がよしなにやってくれており、 Mac のマイクやカメラをそのまま使うことができました。
vrchat-on-mac.png

ちなみに、今回の用途に限っては、Mac の容量は 30GB 程空けておけば十分に足りるようでした。
memory.png

終わりに

やりたかったことができたので、 Parallels の製品版と Windows のライセンスはちゃんと購入することにします。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away