Edited at

MacでストレスなくVRChatを動かしたい


経緯

私の所属している、IT系メンバ多めなTRPGコミュニティで、

「リモートでもTRPGをやりたい」

VRChat(Windowsで動作するVRチャットアプリ)を使ってTRPGをやってみたい」

という話が出ました。

Macしか持っていなかった私は急遽、Macに仮想のWindows環境を整えることにしました。


この記事のゴール



  • SteamVRChat が快適に動作するような仮想Windows環境を、Mac上に構築すること


動作環境


Macのスペック

そこまでいいスペックのMacではありませんが、快適にVRChatが動作するかどうかが今回の大きな検証ポイントでした。

Model Name: MacBook Air

Model Identifier: MacBookAir7,2
Processor Name: Intel Core i5
Processor Speed: 1.6 GHz
Number of Processors: 1
Total Number of Cores: 2
Memory: 8 GB
System Version: macOS 10.14.2 (18C54)


仮想化ツール


仮想環境で動作させたOS


  • Windows 10 バージョン1903


手順

何をやったかだけをメモ書きしておきます。



  1. Parallels Desktop 15 for Mac のダウンロードとインストール


    • ガイドに促されて、ポチポチとクリックして進めるだけでインストール作業は終わりました。




  2. Windows 10 OS のダウンロードとインストール


    • Parallelsのインストールが終わると、Windows 10 の OS のダウンロード&インストールもガイドで引き続き案内されたので、これも促されるままにクリックしてすすめただけでした。

    • Windows 10 のインストールと初期設定が完了すると、こんな感じでMac上でWindows環境が使えるようになります。
      win-on-mac.png




  3. Steam と VRChat のインストール


    • Parallels で起動した Windows 10 上に、SteamVRChat をインストールしました。

    • インストール手順などは各自で調べてみてください。




動作確認

VRChat on Windows 10 on Parallels on MacBook Air という動作環境で、特に問題なく快適に動作しました。

マイクやカメラの設定も特に必要なく Parallels がよしなにやってくれており、 Mac のマイクやカメラをそのまま使うことができました。

vrchat-on-mac.png

ちなみに、今回の用途に限っては、Mac の容量は 30GB 程空けておけば十分に足りるようでした。

memory.png


終わりに

やりたかったことができたので、 Parallels の製品版と Windows のライセンスはちゃんと購入することにします。