Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure Data Lake を Azure Storage Explorerから操作する

More than 1 year has passed since last update.

先月2018年2月からPreviewとしてAzure Storage Explorerから直接Azure Data Lakeのストレージの操作が可能になりました!
Azure Data Lake Storage (ADLS)を操作するためにはAzure PortalからWeb版のData Explorerを利用するか、Visual Studio 内のData Explorerを使うしかなかったのですが、データの移動などがしにくいという難点がありました。何がよくなったのか、古い時代のものから見ていきましょう。

Azure Portal の Data Explorer

Azure Portal で Azure Data Lake Store の使用を開始する

以下のADLSのペインよりData Explorerというボタンを押して操作が可能です。Azureってこういうところが地味で、どこから入ればデータを参照できるかわかりにくいですね。

image.png

Data Explorerは以下のような形で完結ですが、Upload,Download,Delete,New Folderなどしかサポートしていないため、中々容易に整理などをすることは難しいです。

image.png

Visual Studio の Azure Data Lake Explorer

Azure Data Lake Analytics用のAzure Data Lake Tools for Visual Studioをインストールすると使えるようになります、。Storage Explorerにビルトインされますので、Azure Data Lake上のストレージが見えるようになります。Databaseなども見えますが、csvなどファイルストレージを使うのにも便利でしょう。

image.png

ただし、このツールもUpload,Download,Delete,New Folderなどだけなので、フォルダーなどをつかってオーガナイズするには向きません。Azure Data Lake Analyticsを使う場合にスキーマの自動生成などや、データのプレビューをするには必須ですが。

Azure Storage Explorer の Azure Data Lake Store対応

プレビューで2月にリリースされたようです。プラグインやオプションの設定はいりません、最新のStorage Explorerにアップデートするだけです。

image.png

以下のようにコピーができるので、フォルダ間の移動などに便利です。ただし、移動(元のファイルを削除)は直接できません。

image.png

これで、ずいぶんと管理がしやすくなりましたね。

Masutani
データサイエンティストをしています。地理空間情報系の処理を主に扱っています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away