More than 1 year has passed since last update.

「Spring Tool Suite-3.6.2」(以下STSと記述します)で「Spring Roo」(以下Rooと記述します)でアプリケーションを開発する方法です。
書籍を読むと、STSに標準でRooが入っていたようですが、STS-v3.5からRooが標準から外されたようで、別途インストールする必要があるようです。

「STS」ではRooが最初からインストールされていないので、自分でインストールを行う必要があります。

(1)STSにRooをインストール

STSを起動し「Spring Dashboard」の「Help and Documentation」にある「Extensions」を押下するとインストールできるプラグインが表示されます。

dashBoardHelp.png

Find:に「Roo」を入力し、Enterを押下すると検索が行われます。

表示されたリストから以下を選択してインストールします。
■ Spring Roo
■ Spring IDE - Roo Extention

spring.png

インストールが終了するとSTSの再起動を行うかのダイアログが表示されるので再起動を行うとSTSでRooが利用可能になります。

(2)Spring Rooプロジェクトの作成方法

STSを起動し[File]-[New]-[Other]からSpringを開き「Spring Roo Project」を選択します。

「Roo Shellビュー」の「roo > 」に「web mvc setup」を入力しEnterで実行します。
rooShell.png

最後に「tc server」に追加するので、「Serverビュー」の「Pivotal tc Server Developer Edition v3.0」を右クリックし「Add and Remove...」を押下し、表示された画面で作成したRooプロジェクトを追加します。

(Serverビュー)
tcServer.png

(Add and Remove...)
tcServerAdd.png

(Add and Remove...画面)
tcServerAdd2.png

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.