spring

Spring Rooでアプリケーションを開発する

More than 1 year has passed since last update.

「Spring Tool Suite-3.6.2」(以下STSと記述します)で「Spring Roo」(以下Rooと記述します)でアプリケーションを開発する方法です。
書籍を読むと、STSに標準でRooが入っていたようですが、STS-v3.5からRooが標準から外されたようで、別途インストールする必要があるようです。

「STS」ではRooが最初からインストールされていないので、自分でインストールを行う必要があります。

(1)STSにRooをインストール

STSを起動し「Spring Dashboard」の「Help and Documentation」にある「Extensions」を押下するとインストールできるプラグインが表示されます。

dashBoardHelp.png

Find:に「Roo」を入力し、Enterを押下すると検索が行われます。

表示されたリストから以下を選択してインストールします。
■ Spring Roo
■ Spring IDE - Roo Extention

spring.png

インストールが終了するとSTSの再起動を行うかのダイアログが表示されるので再起動を行うとSTSでRooが利用可能になります。

(2)Spring Rooプロジェクトの作成方法

STSを起動し[File]-[New]-[Other]からSpringを開き「Spring Roo Project」を選択します。

「Roo Shellビュー」の「roo > 」に「web mvc setup」を入力しEnterで実行します。
rooShell.png

最後に「tc server」に追加するので、「Serverビュー」の「Pivotal tc Server Developer Edition v3.0」を右クリックし「Add and Remove...」を押下し、表示された画面で作成したRooプロジェクトを追加します。

(Serverビュー)
tcServer.png

(Add and Remove...)
tcServerAdd.png

(Add and Remove...画面)
tcServerAdd2.png