Help us understand the problem. What is going on with this article?

truffleからgethで作成したプライベートブロックチェーンネットワークに接続する

More than 1 year has passed since last update.

概要

truffleを使ってSolidityを勉強していた時に,gethで作成したプライベートブロックチェーンネットワークに接続したくなり,その方法について調べた.自分用の備忘録として投稿する.

gethを使ってプライベートブロックチェーンを作成する.

  1. 任意のディレクトリに移動する.
  2. ブロックチェーンのgenesisブロックの設定を記入したjsonファイルを作成する
  3. 以下のコマンドを用いてブロックチェーンを作成する.
geth --networkid "15" --nodiscover --datadir "directory/path/to/genesis/json/file" --rpc --rpcaddr "127.0.0.1" --rpcport "8545" --rpccorsdomain "*" console 2>> directory/path/to/genesis/json/file/geth_err.log

それぞれのオプションについては,他に多くのサイトがあるため割愛.

truffleでSolidityのプロジェクト作成する.

  1. 任意のディレクトリに移動する.
  2. truffle initを実行して,雛形を作成する.
  3. truffle create contract ContractNameでContractNameというコントラクトの雛形を作成する.そして,そのファイルに自分の作成したいコントラクトをSolidityで実装する.
  4. truffle create migration ContractNameでContractNameのmigrationファイルを作成する.
  5. truffle.jsを下のようにする.この設定はgethに合わせる.
  6. truffle console --network devを実行する.
truffle.js
module.exports = {
    networks: {
        dev: {
            host: "127.0.0.1",
            port: 8545,
            network_id: "15"
        },
    }
};

まとめ

truffleの実行をdevelopではなく,consoleで行う点でハマった.
developはtruffle.jsを無視して,テストネットを作成するらしい.

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away