Help us understand the problem. What is going on with this article?

SeleniumでIEをNode.jsから動かしてみた

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

突如SeleniumでInternet Explorerを動かしてみたくなりました。
ざっと下調べしたところ、Selenium/Node.js/IEの組み合わせの記事はなさそうだったのでやり方をまとめます(あったらごめんなさい)。
Google ChromeやFireFoxではSelenium IDEというGUIを使えるようですが、IEには対応していないみたいですね。

インストール手順

OS : Windows10
Selenium Webdriver(Node.js版)のバージョン : 4.0.0-alpha.1

インストールは以下のコマンドを打つだけです。

Seleniumのインストール
$ npm install selenium-webdriver

※事前にNode.jsとnpmをインストールする必要があります。

次に、ドライバーを以下のURLからダウンロード、解凍して環境変数Pathにパスを通しておきます。
https://www.seleniumhq.org/download/
画像の赤いエリアですね。

www.seleniumhq.org_download_.png

設定

IEだと事前にいくつか設定が必要です。

IEの設定

  • 文字サイズを100%にする
  • 保護モードを有効にする インターネット、ローカル イントラネット、信頼済みサイト、制限付きサイトのそれぞれで保護モードを有効にする(Internet Explorerの再起動が必要)のチェックを入れる

キャプチャ.PNG

レジストリの設定が必要・・・との記事も見かけましたが必要なさそうで安心しました。

ソースコード

以下のコードはチュートリアルのコードをほぼ同じで、Googleで検索するだけです。Googleの検索用テキストボックスにはname="q"という属性がついているため、そこにキー入力をしています。

ie_search.js
const {Builder, By, Key, until} = require('selenium-webdriver');

(async () => {
  let driver = await new Builder().forBrowser('internet explorer').build();
  await driver.manage().window().maximize();
  await driver.get('http://www.google.com');
  await driver.findElement(By.name('q')).sendKeys('アデリーペンギン', Key.RETURN);
})();

実行

Seleniumの起動
$ node ie_search.js

キャプチャ2.PNG

できました。

おわりに

IEは無事動かせましたが、欲を言うとheadlessで動かしたいものです。
Phantom.jsは更新停止したようですし、IEをheadlessで動かすよい感じの方法はないものでしょうか・・・

LeftLetter
Software Engineer
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした