Help us understand the problem. What is going on with this article?

【UnityでOculus Quest向けのアプリを作る】物を掴む為には

◆はじめに

今回は、手の表示と物を掴む方法をやります。

前の内容は ↓ に参照してください。
APPをビルドして、動作確認する

(日本語と中国版あります)

◆ 開発環境

macOS Mojave バージョン 10.14.6
Unity 2018.4.12f1
Android SDK

◆ 手順

  • 1. 手を表示する
    • 1_1. LocalAvatarWithGrab導入
    • 1_2. Ovr Avatar の設定
    • 1_3. OculusのアプリのID発行と設置
  • 2. 掴む物体の追加と設定
  • 3. 動作確認

1.手を表示する

1_1. LocalAvatarWithGrab導入

新規シーンを作ります。
具体的な制作方法は前回の「 APPをビルドして、動作確認する 」を参照してください。

物を掴む為には、まず手を表示する必要が有ります。
前回導入した、Oculus Integrationの中には、物を掴む機能を搭載しているLocalAvatarwithGrab というプレハブが存在しています。
今回は、それを使います。
01.png
「Assets」→「Oculus」→「SampleFramework」→「Core」→「AvatarGrab」→「Prefabs」
の中に「LocalAvatarWithGrab」あります。
階層は深い為、Projectの検索欄で「LocalAvatarWithGrab」と検索を掛けたら探しやすいです。
02.png
これをHierarchyにドラックし、追加します。
追加したら、「Inspector」→「Transform」でポジションなどを設定します。
今回は、 「Scale」は1.7、他は全部0にします。
03.png
設置完了後、前回作った「OVRCameraRig」を削除します。
「LocalAvatarWithGrab」の中にも「OVRCameraRig」が存在している為、不要です。

1_2. Ovr Avatar の設定

続いて、追加した「LocalAvatarWithGrab」クリックし、
「Inspector」→「Ovr Avatar」→「Shaders 」の設定を調整します。
04.png
「Controller Shader」右側の丸をクリック。
「Shader」を設定する画面に遷移するはずです。
05.png
検索欄で「AvatarPBRV2Simple」検索し、
ファイル名が合っている「Shader」をダブルクリックし、設定する事ができます。
06.png
設定したら、「Shader」はこのような状態になります。

1_3. OculusのアプリのID発行と設置

追加した手を表示するためには、OculusのアプリのIDと「Create android manifest 」が必要です。

アプリのIDは、
Oculus ホームページのダッシュボードにアクセスし、
「新しいアプリを作成」からアプリを登録して、発行出来ます。
Oculus Developer Dashboard
詳しいID発行方法は、ここでは割愛します。

07.png
08.png
ID発行後、Unityに戻ります。
メニューから「Oculus] →「Avatars」→「Edit Setting」をクリックすると、
「OvrAvatarSettings」が表示されます。

先程発行したアプリIDを設定して、これでID設定は完了になります。
09.png
最後、手を正しく表示するために「Create android manifest」を設置する必要があります。
設置方法は非常に簡単、
「Oculus」→「Tools」→「Create store-compatible AndroidManifest.xml」をクリックするだけです。

2. 掴む物体の追加と設定

10.png
11.png
掴む用のオブジェクトを追加します。
「Hierarchy」で右クリック「3D」→「Object」→「Cube」を追加します。
サイズは自由です。
12.png
追加した「Cube」を選択します。
「Inspector」→「Add Component」で「Rigidbody」と「OVR Grabbable 」を検索し、追加します。
「Box Collider」は最初から存在するはずですが、なければ「Rigidbody」と同じ方法で追加します。
これで、設置完了です。

3. 動作確認

スクリーンショット 2019-12-20 16.40.25.png
ビルドする前に、まずUnity上で一回実行して、「Cube」落下するかどうか確認します。
com.oculus.UnitySample1-20191220-165057.jpg
問題無ければ、ビルドして、実機で動作確認しましょう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした