Help us understand the problem. What is going on with this article?

【UnityでOculus Quest向けのアプリを作る】APPをビルドして、動作確認する

◆ はじめに

おはようございます。
最近はUnityでOculus Quest向けのアプリを試しに作っているので、メモ書きますね。

(日本語と中国版あります)

◆ 開発環境

macOS Mojave バージョン 10.14.6
Unity 2018.4.12f1
Android SDK

◆ 手順

  • 1. Unityビルド設置
  • 2. Android SDK導入
  • 3. UnityにOculus Integrationを導入
  • 4. 簡単なSceneを作る
  • 5. Oculus Questの設定
  • 6. ビルドする
  • 7. Oculus Questで動作確認

1.Unityビルド設置

Unityのバージョンチェック後
新規プロジェクトを作成します。
01.png
Oculus向けApp開発する為には、
プラットフォームをAndroidにする必要があります。
メニューから「File」→「Build Settings」選択します。
02.png
さらに「Android」を選択し、「Switch Platform」をクリックします。
これで、設置完了になります。

2.Android SDK導入

03.png
メニューから「Unity」→「Preferences」
04.png
「External Tools」タブを選択し、Andoroid SDKのパスを設定する箇所があるので、
ここは自分の環境に合わせ、設置しましょう。

保存場所を特に変更していない場合、
一般的に、AndroidSDKは次の場所にあります。

Windowsの場合
C:\Users[ユーザー名]\AppData\Local\Android\sdk

Macの場合
/Users/[ユーザー名]/Library/Android/sdk

3.UnityにOculus Integrationを導入

05.png
メニューから「Window」→「Asset Store」
06.png
「Oculus Integration」を検索して、Downloadします。
続いて、Download 終わるとImportボタン出るので、Importします。
Importは少し時間かかりますね。
07.png
Import終わると、Assets中にOculusのフォルダーが追加されます。

4.簡単なSceneを作る

08.png
メニューから「File」→「New Scene」選択
Scene生成後、保存を忘れずに「File」→「Save As…」
09.png
続いて、Oculus Quest専用のカメラを追加しましょう。
先程Downloadした「Oculus Integration」を使います
「Assets」→「Oculus」→「VR」→「Prefabs」中の「OVRCameraRig」(Prefabs)をHierarchy にドラックし追加します。

このカメラはプレイヤーの視界になり顔の向きや移動を検出する事ができます。
追加後、Scene生成時入っている「Main Camera」を削除します。
10.png
追加したカメラのサイズを、身長に合わせて設置します。
「OVRCameraRig」を選択し、Inspectorを開きTransformのPositionを編集します。
1=1mなので、ここは1.7に設置します。
11.png
最後に簡単な床を追加しましょう。
Hierarchy内で右 クリック 「3D Object 」→「Plane」→「Plane 」を選択し、追加します。
Potionは0のままで構いません。

これで、Sceneの制作は完成しました。

5.Oculus Questの設定

Sceneの設定はおわりましたが、ビルドする前に、
Oculus Questに開発者モードを設定する必要があります。
12.jpg
スマホでOculusのアプリ立ち上げ、
「設定」→「Oculus Quest」→「その他の設定 」を入り「開発者モード」オンにします。

ここで、開発者を登録する必要があります。
まだ開発者登録をしていないなら、下記のURLから団体登録をしましょう。
団体登録
USBでQuestとPCを接続して、Quest側で許可ウィンドウが出たら、許可を選択しましょう。

6.ビルドする

残るのはビルドのみです。
早速、ビルド設定しましょう。
メニューから「File」→「Build Settings 」→「Player Sttings…」開き、右上のアンドロイドを選択します。
13.png
「Other Settings 」を開き、「Identification 」の「Minimum API Level 」を「Andrioid 7.1 ’Nougat’ (API level 25)」に変更します。
14.png
「XR Settigs」を開き、
「Virtual Reality Supported」のチェックボックスにチェックを付けて、
右下の「+」ボタンを押し、「Oculus」を追加します。
15.png
「Player Sttings…」の設定終わったら、「Build Settings 」画面にもどります。
「SampleScene」の「Add Open Scenes」を押して、先程作ったSceneを追加します。

Oculus QuestをPCに接続し、「Build And Run」を押しましょう。

7.Oculus Questで動作確認

com.oculus.UnitySample1-20191220-130910.jpg
ビルド成功すれば、Oculus Questの「ライブラリ」に「提供不明のアプリ 」が表示されます。
その中に先程ビルドしたAPPを存在するはずです。
それを起動し、首を動かしたり歩いたりして動作確認をしましょう。


珍獣と学ぶOculusQuest開発 with Unity 〜入門編〜 電子版

今日はここまで、では…

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした