Git
バージョン管理
VisualStudio2015

Visual Studio ローカルでバージョン管理(git)


概要

Visual Studio 2015とgit(ギット)を使い、別サーバーを立てずにスタンドアロンでバージョン管理する方法。


環境


  • Windows 10 Home

  • Visual Studio Community 2015 Update 3

  • git for windows 2.10.2


gitの概要

SVN(Subversion)やTFS(Team Foundation Server)と違い、マスタとなるリポジトリの他に、各ユーザー毎にリポジトリを持つ。

マスタであるリモートリポジトリからローカルリポジトリにデータをダウンロード(プル)し、修正したものをリモートリポジトリにアップロード(プッシュ)する。

今回はリモートリポジトリを用意せず、ローカルリポジトリだけ使用する。

git81.png

ローカルでの作業は、作業ディレクトリで修正したものをステージングエリアに追加していき、ローカルリポジトリにコミットする。

ステージングエリアは、ひとまとめにコミットしたいファイルを登録しておく場所。

ステージングエリアを介さずに直接コミットすることも可能。

git82.png


初期設定


gitのインストール

※Visual Studioインストール時など、既にgitをインストール済みならこの作業は不要

git for windowsをダウンロードしてインストールする。

https://git-for-windows.github.io/

gitインストール先の指定

git01.png

インストールするコンポーネントの選択

git02.png

PATH環境変数の調整

git03.png

テキストファイルの改行コードの扱い

git04.png

git bashで使用する端末エミュレーターの設定

git05.png

追加オプションの設定

git06.png

チェックボックスはすべて外して[Finish]を押す

git07.png


Visual Studioのプロジェクト作成・設定

プロジェクトを新規作成する。

プロジェクトの保存先は参考サイトのサイト推奨の%UserProfile%\Source\Reposとする。

右下のチェックボックスが選択されていることを確認し、OKを押す。

git08.png

チームエクスプローラーを開く。見当たらない場合は[表示]メニューから開く。

チームエクスプローラーで[設定]を選択。

git09.png

[グローバル設定]を選択。

git10.png

[ユーザー名]と[電子メールアドレス]、[既定のリポジトリ場所]を入力し、[更新]ボタンを押す。

git11.png

設定更新後、チームエクスプローラー上部の戻るボタンgit11_2.pngで前の画面に戻り、[リポジトリの設定]を選択。

オーバーライドのチェックボックスがOFFで、ユーザー名と電子メールアドレスにグローバル設定の内容が表示されていることを確認。

git12.png


使ってみる


ステージングエリアへの追加

ソースを修正・保存し、チームエクスプローラーの[変更]を押す。

git13.png

修正したソースファイルを右クリック、[ステージ]を選択。

git16.png

ソースファイルが[ステージング済みの変更]に表示される。

右端にある[+](すべてをステージ)、[-](すべてをアンステージ)ボタンを使ってもよい。

git17.png


ステージングエリアからリポジトリへのコミット

ステージングエリアに登録したソースファイルをコミットする。

テキストボックスに変更内容を入力し、[ステージング済みをコミット]を実行する。

git18.png

コミット完了

git19.png


ステージングエリアを介さずリポジトリへコミット

2回目のソース修正、今度はステージングエリアを介さずにコミットするため、修正内容をテキストボックスに入力。

git20.png

[すべてをコミット]を実行

git21.png

コミット完了

git22.png

3回目のソース修正、コミット

git24.png


履歴の表示

[操作] - [履歴の表示]を選択

git25.png

履歴が表示される

git26.png


履歴の比較

ソース単位での修正履歴を見る場合は、ソースファイルを右クリックして履歴の表示

git27.png

以前と比較

git28.png

比較結果

git29.png

Ctrl+クリックで履歴を2つ選択して比較

git30.png

比較結果

git31.png


以前のバージョンに戻す

履歴を選択して[元に戻す]を実行。

git32.png

確認ダイアログで[はい]を選択

git33.png

[マージ]ボタンを押す

git34.png

左上の[マージの許可]ボタンを押す

git35.png

確認ダイアログで[OK]を押す

git36.png

確認ダイアログで[はい]を押す

git37.png

以前のバージョンに戻った

git38.png


参考サイト