Edited at

KVMをWebから操作できるCloudminを入れてみた

More than 5 years have passed since last update.

webminユーザグループ(日本語ユーザ互助サイト)のトップページを見ていたところ、『Cloudmin version 7.3リリース』という情報が掲載されていた。

なんだろう?と調べてみると、XenやKVMをWeb上から操作できるツールであると。

KVMは仕事でも使っているサーバはあるが、私は触ったことがなかったので、構築とともに勉強する。


Cloudminについて

Cloudminには、GPLライセンスのものとProがある。

詳細は、Cloudminに関するページで確認していただきたいが、

GPL版ではXenかKVMのどちらかのみ管理する機能を提供する。

(インストールスクリプトもそれぞれ分けられている。)

一方Pro版では、有償で商用サポートあり。Xen, OpenVZ, KVM,

Vservers, EC2 and Solaris Zonesをはじめ複数のホストを管理する機能をサポートしているとのこと。


構築

構築環境は、Mac OSX 10.9.3 , vagrant 1.5.4 , chef/centos-6.5 を利用しようとしたが、

VirtualBoxやParallelsではKVMを立ち上げることができずに断念。

(追記:Parallels Desktop Standard Editionは不可。Enterprise Editionは可能。)

VMware fusionは可能だった為、CentOSイメージからインストールして確認しています。


まずここからcloudmin-kvm-redhat-install.shをダウンロードする。

# wget http://cloudmin.virtualmin.com/gpl/scripts/cloudmin-kvm-redhat-install.sh

# chmod +x cloudmin-kvm-redhat-install.sh
# ./cloudmin-kvm-redhat-install.sh
*******************************************************************************
* Welcome to the Cloudmin GPL for KVM installer, version 1.1 *
*******************************************************************************

Operating systems supported by this installer are:

Fedora Core 3-12 on i386 and x86_64
CentOS and RHEL 3-6 on i386 and x86_64

If your OS is not listed above, this script will fail (and attempting
to run it on an unsupported OS is not recommended, or...supported).
Continue? (y/n) y

Checking for hardware support for KVM ..
.. found OK

Checking for yum ..
.. found OK

Installing wget ..
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile

スクリプトに実行権限を付与して、実行すると自動的にインストールが始まります。

だいぶ時間がかかりますが、最終的に入ったパッケージは以下のとおり。

(CentOSインストール時にはBasic Serverを選択しています。)

Package 4:perl-5.10.1-136.el6.x86_64 already installed and latest version

Package openssl-1.0.1e-16.el6_5.7.x86_64 already installed and latest version
Package cronie-1.4.4-12.el6.x86_64 already installed and latest version
Package 32:bind-utils-9.8.2-0.23.rc1.el6_5.1.x86_64 already installed and latest version
Package bridge-utils-1.2-10.el6.x86_64 already installed and latest version
Package lsof-4.82-4.el6.x86_64 already installed and latest version
Package parted-2.1-21.el6.x86_64 already installed and latest version

Installed:
bind.x86_64 32:9.8.2-0.23.rc1.el6_5.1
perl-Net-SSLeay.x86_64 0:1.35-9.el6
qemu-img.x86_64 2:0.12.1.2-2.415.el6_5.8
qemu-kvm.x86_64 2:0.12.1.2-2.415.el6_5.8
qemu-kvm-tools.x86_64 2:0.12.1.2-2.415.el6_5.8

Dependency Installed:
celt051.x86_64 0:0.5.1.3-0.el6
glusterfs-api.x86_64 0:3.4.0.57rhs-1.el6_5
glusterfs-libs.x86_64 0:3.4.0.57rhs-1.el6_5
gpxe-roms-qemu.noarch 0:0.9.7-6.10.el6
seabios.x86_64 0:0.6.1.2-28.el6
sgabios-bin.noarch 0:0-0.3.20110621svn.el6
spice-server.x86_64 0:0.12.4-6.el6_5.1
usbredir.x86_64 0:0.5.1-1.el6
vgabios.noarch 0:0.6b-3.7.el6

Installed:
perl-JSON.noarch 0:2.15-5.el6

Installed:
dhcp.x86_64 12:4.1.1-38.P1.el6.centos

Installed:
ebtables.x86_64 0:2.0.9-6.el6

Installed:
wbm-security-updates.noarch 2:4.1-1
wbm-server-manager.noarch 0:7.7.kvm-1
wbt-virtual-server-mobile.noarch 2:2.6-1
wbt-virtual-server-theme.noarch 2:8.8-1
webmin.noarch 0:1.690-1

Cloudmin GPL has been successfully installed.

そして、domain/IP:10000でWebアクセスします。

You can login to Cloudmin at :

https://localhost.localdomain:10000/

追記2:

Cloudminにログイン後のトップページに以下の警告が出ていた。

No bridge interfaces like br0 were found

この設定をしないと新しいGuestを作れないようなので、設定しておく。

Setting up a Host System Running Webminに書いてあるとおり。


  1. Webminの画面で、「ネットワーク」 -> 「ネットワークの設定」 -> 「ネットワーク インターフェイス」をクリック。


  2. 「起動時にインターフェイスをアクティブ」タブで、"eth0"をクリック。

    IPv4の設定を覚えておいて、これを「No address configured」に変更して保存。


  3. 「Add a new bridge.」をクリックしてeth0に設定されていたIPv4のIPとネットマスクを記載して作成。


  4. 「モジュール インデックス」をクリックして、ネットワーク設定のメイン画面に戻り、「ルーティングとゲートウェイ」をクリック。

    「Active configuration」タブで、"Default Route"がIPv4のゲートウェイになっていることを確認。

    「Boot time configuration」タブで、インターフェイスがブリッジとなっていることを確認して保存。


  5. 「モジュール インデックス」をクリックして、ネットワーク設定のメイン画面に戻り、「変更を適用する」をクリックする。



気になったこと

早速Webで確認して思ったのは、Root ShellAuto-Scaling

Root ShellはWebからコマンドを打てるようで、

sshが繋がらないけど、Webはなんとか大丈夫そう!という時に便利かな?と。

Auto-Scalingは、AWSと同じものかな?...

いろいろとさらに興味を持ったので、これから確認していこうと思います。