This request has already been treated.

  1. khsk
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,81 +1,81 @@
AWSのアカウントを作成してから3日後の休日、以下のメールが届いた。
```
Subject: AWS Free Tier limit alert
Dear AWS Customer,
Your AWS account xxxxxxxxxx has exceeded 85% of the usage limit for one or more AWS Free Tier-eligible services for the month of November.
AWS Free Tier Usage as of 11/04/2018
AWS Free Tier Usage Limit
1,829 Requests
2,000 Put Requests of Amazon S3
```
## 受け取ってからした行動
### 請求コンソールの確認
-AWS マネジメントコンソールにログインし上部メニューから[サービス]>[[請求](https://console.aws.amazon.com/billing/home#/)]へ。この表を見て「S3 = Simple Strage Strage」ということに気づいた。
+AWS マネジメントコンソールにログインし上部メニューから[サービス]>[[請求](https://console.aws.amazon.com/billing/home#/)]へ。この表を見て「S3 = Simple Storage Service」ということに気づいた。
「使用状況別の上位無料利用枠サービス」を見ると「Amazon Simple Storage Service」の使用状況が無料枠の「91.45%」になっていた。まだEC2の利用すらしていない私がいつS3を利用したというのだろうか。
![2018-11-04-16-10-32.png](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/259373/9f0d2947-6c4a-97a1-f287-2d94ee69eaa8.png)
### S3サービス利用状況の確認
[サービス]>[S3]を開く。
そこには見覚えのある「バケット」が1つ。
取り急ぎ該当のバケットを削除して対処は終了(たぶん)。
## バケットが作られた理由
AWSを開始するにあたりネット上には様々な情報が流れていて、AWS入門生として気になるのは「料金」と「セキュリティ」だろう。今回、バケットを作る理由となったのは「セキュリティ」について参考した記事をまるっと参考にしたためだった。
具体的には「CloudTrail」というサービスを利用したためだった。AWSのAPI呼出しの履歴を残してくれ、AWS内のリソースの作成/変更/削除をログに残すものだ。CloudTrailの設定の中で「新しいS3バケットを作成しますか?」のラジオボタンに対して解説サイトの指示どおり「YES」を選んでしまったのが原因だった。
## 結局バケットとは何か
AWSドキュメント:[Amazon S3 バケットの使用](https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/dev/UsingBucket.html)
-S3の名前のとおりCloud Strageであり、利用者は自由に区分 = バケットを作成(最大100個)して自由にデータを格納できる。今回はCloudTrailを利用するにあたってS3に専用のバケットを1つ作成し、そこにログを溜めていたらしい。
+S3の名前のとおりCloud Storageであり、利用者は自由に区分 = バケットを作成(最大100個)して自由にデータを格納できる。今回はCloudTrailを利用するにあたってS3に専用のバケットを1つ作成し、そこにログを溜めていたらしい。
その利用頻度が無料枠の上限を超えそうだったということだ。無料枠の上限は1月あたり2,000 Put & 20,000 Getらしく、AWSの頻繁な操作ログが2,000 Putの方にカウントされて1,892 Putに至ったようだ。
## S3 の料金
AWSドキュメント:[Amazon S3 Pricing](https://aws.amazon.com/jp/s3/pricing/?nc=sn&loc=4)
ぶっちゃけ言うとよくわからない。メニューに「ストレージ料金表」「リクエスト料金表」があるので、この2つを気にする必要があったのは間違いない。ただS3のコンソールを開いてリージョン(場所)を選択しようとすると「S3では、リージョンを選択する必要はありません」って出てくるのに、料金表はリージョン毎に設けられている。やっぱりよくわからない。
## S3 の無料枠
AWSドキュメント:[AWS無料利用枠](https://aws.amazon.com/jp/free/?nc2=h_ql_pr)
パッと見でAmazon S3は「5 GBの標準ストレージ」としか書いていない。しかし下部の「詳細を展開」を押下すると
- 5 GBの標準ストレージ
- 20,000件のGetリクエスト
- 2,000件のPutリクエスト
と出てくる。なるほどね。気づくか!
## 気づかなかった場合の料金
もう一度S3の料金表に戻り確認してみる。
- Put, Copy, Post, またはListリクエスト --- 1,000件あたり0.0047USD
これは2018/11/04 17:19現在のレート(113.21円/USD)に照らし合わせると「0.53円」である。
## まとめ
なーんだ、大した金額じゃなかったじゃん…では済まされない。今回は偶然にも安いサービスで、また料金発生前に気づけたから良かっただけである。ネットでは不正利用されて高額請求が~→救ってもらえた!なんてあるけど、これは不正ではなく自分の操作だ。高額サービスであった場合も返金はされないだろう。
拙者絶対無料枠に収めるでござる候な方は、最低限無料枠についてのページは隠されている部分も含めて一度全部目を通しておくべき。数もそんなに多くないしね。言葉さえ耳に通しておけば、いざ操作するときに「あれこれどこかで見た」って思える。