Help us understand the problem. What is going on with this article?

Reactでポートフォリオサイトを作ってみた大学生の話

動機

大学生がvueでポートフォリオサイトを作ってみたという記事を読み、
インターン先でReactを使っていたこともあり、自分もポートフォリオ作ってみました。

完成品

こちらが完成したポートフォリオサイトです。情報量これからもうちょい増やしたいですね。

デザイン

デザインは adobeXD でまずざっくりイメージを作ってからの実装にしてみました。
(tofubeatsの「what you got」のMVぽく枠線を入れてみました...笑)

image.png

create-react-app

ここから実装の本題です。
まず npm などは React を使う上で必要なのでインストールされていることを確認してください。

$ npm install -g create-react-app

こちらのコマンドを用いて create-react-app をインストールしてから、

$ create-react-app portfolio

これで新しく portofolio というディレクトリが作られ、React アプリに必要なファイルがコピーされます。

$ npm start

を実行するとサーバーが起動し、localhost:3000で開くことができるようになります。

ルーティング

ルーティングについてはブラウザで動くページを書くには react-router-dom を使いました。

index.js
import {BrowserRouter, Route} from 'react-router-dom';

として BrowserRouter と Route を import して

index.js
ReactDOM.render(
  <BrowserRouter>
    <ToDo />
    <Route exact path={'/'} component={Home}/>
    <Route path={'/about'}  component={About}/>
    <Route path={'/work'} component={Work}/>
    <Route path={'/contact'} component={Contact}/>
  </BrowserRouter>
  , document.getElementById('root'));

このようにして、ルーティングできるようしました。

アニメーションとインタラクション

アニメーションとインタラクションについては、three.js を React で使えるようにしたパッケージと、react poseというライブラリを使いました。
アニメーションは component に分けて、

Animation.js
import * as THREE from 'three';

として、

Home.js
import posed from 'react-pose'

インタラクションは上のようにインポートして使いました。

参考文献

react pose の参考にした記事
three の参考にした記事

コンポーネント

カードと枠線については component 化しました。
カードは title, image, description を props で渡し、

Card.js
import React from 'react'
import './Card.css'

class Card extends React.Component {
  render(){
    return(
      <div className="card">
        <img
          className="card__img"
          src={this.props.img}
          alt=""
        />
        <div className="card__content">
          <div className="card__title">
          {this.props.title}
          </div>
          <div className="card__lead">
          {this.props.lead}
          </div>
        </div>
      </div>
    )
  }
}


export default Card;

枠線は、display を props で渡すようにしました。

BorderYellow.js
import React, { Component } from 'react';
import posed from 'react-pose'
import './BorderYellow.css';

const props = {
  visible: { opacity: 1 },
  hidden: { opacity: 0 }
}

const Border = posed.div(props)

class BorderYellow extends Component {
  constructor(props) {
    super(props);
  }

  state = { isUnVisible: false };

  componentDidMount() {
    setTimeout(() => {
      this.setState({ isUnVisible: !this.state.isUnVisible });
    }, 1000);
  }

  render() {
    return (
      <Border className={this.props.display ? "border border-visible" : "border"} pose={this.state.isUnVisible  ? 'hidden' : 'visible'} />
    );
  }
}

export default BorderYellow;

おわり

こちらに github のソースコードを共有しておきます。(恥ずかしながら)
portfolio サイト作りに少しでも参考になれば嬉しいです〜

Kentaro91011
フロント~バックエンド
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした